ホーム仕組み預金 > 仕組み預金の重要事項

仕組み預金

仕組み預金の重要事項

仕組み預金とは、一般の預金とは異なりデリバティブが内包された預金です。仕組み預金は中途解約ができません。お取り引きの際には、必ず以下の内容および、サービスサイト上の「約款」、「商品詳細説明書」、「契約締結前交付書面」などをご確認のうえ、ご自身で投資判断を行ってください。

1. 円定期plus+の重要事項

円定期plus+のリスク

円定期plus+は、当社の判断により満期日を当初定められた満期日から繰り上げることができる(お預け入れ期間が短縮される)特約が付与されています。お客さまは、満期日を繰り上げるか否かを決定することはできません。
また、経済情勢の変化などにより、繰上判定日時点での市場金利が、当初お預け入れ時に定められた本預金の適用金利よりも低くなっている場合は、満期日が繰り上がる可能性が高くなり、その場合、お客さまは繰上満期日以降、本預金お預け入れ時に定められた本預金の適用金利での運用ができなくなります。
反対に、繰上判定日時点での市場金利が、当初お預け入れ時に定められた本預金の適用金利よりも高くなっている場合は、満期日が繰り上がる可能性は低くなり、この場合、本預金は原則として中途解約できませんので、お客さまはその時点での高い市場金利で運用する機会を失うことになります。
なお、あくまでも考え方の目安であり、本預金の満期繰り上げに関する決定に際しては、上記の記述が当てはまらない場合もあります。

中途解約について

円定期plus+は中途解約できません。当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合には、経過利息をお受け取りいただけないだけでなく、別途定める中途解約手数料を含めた損害金をお客さまにご負担いただくため、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。

預金保険

本預金は、預金保険の対象です。
ただし、保険事故発生時には特約は消滅し、通常の円定期預金に切り替わります(*1)。

よって、保険事故発生後は、当社にお預け入れいただいている他の預金保険の対象となる預金等と合算して元本1,000万円までとお預け入れ時における通常の円定期預金のサービスサイトに表示する金利(*2)で計算された利息が保護されます。

手数料

お申し込み時の手数料はかかりません。

中途解約時の損害金について

円定期plus+は中途解約できません。余裕資金でのお申し込みをお願いいたします。

当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合の取り扱いは、「全額の中途解約のみ」となります(一部のみの中途解約はできません)。また、中途解約に際しては、お客さまは経過利息をお受け取りいただけないだけでなく、別途定める中途解約手数料を含めた損害金はお客さまのご負担となります。この場合、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。
以下の中途解約手数料を含めた中途解約に伴う損害金については、円定期plus+の中途解約についてをご確認ください。

中途解約手数料

5,000円(非課税)

2. 為替リンク預金(円スタート型)の重要事項

為替リンク預金(円スタート型)のリスク

為替リンク預金(円スタート型)は、外貨でお受け取りとなった場合、外貨で払い戻す際の為替レート(特約レート)が特約によってあらかじめ決まっていることから、お受け取りになる元利金は、満期日の為替レートで外貨に換算した金額と比べて少額となることがあります。この場合、元利金を満期日の為替レートにて円貨に換算すると、当初のお預け入れ金額に対して元本割れとなるリスクがあります。
想定される最大損失額をご確認ください。

なお、外貨預金には元本割れのリスクがありますので、外貨預金の重要事項も合わせてご確認ください。

中途解約について

為替リンク預金(円スタート型)は中途解約できません。当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合には、別途定める中途解約手数料を含めた損害金をお客さまにご負担いただくため、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。

預金保険

本預金は、預金保険の対象です。
ただし、保険事故発生時には特約は消滅し、通常の円定期預金に切り替わります(*3)。

よって、保険事故発生後は、当社にお預け入れいただいている他の預金保険の対象となる預金等と合算して元本1,000万円までとお預け入れ時における通常の円定期預金のサービスサイトに表示する金利(*4)で計算された利息が保護されます。

手数料

お申し込み時の手数料はかかりません。
外貨(特約通貨)でお受け取りとなった場合、円から外貨(特約通貨)への交換に関する為替コストはかかりません。ただし、外貨(特約通貨)に交換され支払われた元利金を他の通貨に交換する際には、当社所定の為替コストがかかります。

為替コスト

ソニー銀行の為替コストとは、外貨を円貨もしくは米ドルから購入し、預け入れる場合に適用される為替相場(TTS)と基準レート(TTM)との差および、払い戻す場合に適用される為替相場(TTB)と基準レート(TTM)との差のことをいいます。それぞれ為替コストとしてご負担いただくため、お預け入れ時とお引き出し時の為替相場に変動がない場合にも、お引き出し時のお受け取り額がお預け入れ額を下回ることがあります。

<為替手数料表>
通貨 対円でのお取り引きの場合 対米ドルでのお取り引きの場合
米ドル 1米ドル当たり 15銭
ユーロ 1ユーロ当たり 15銭 1ユーロ当たり 0.0018米ドル
豪ドル 1豪ドル当たり 45銭 1豪ドル当たり 0.0050米ドル
NZドル 1NZドル当たり 45銭 1NZドル当たり 0.0050米ドル
南アランド 1南アランド当たり 20銭 1米ドル当たり 0.0250南アランド
  • お客さまごとの優遇、キャンペーン時などを除く、通常時の為替コストを示しています。

中途解約時の損害金について

本預金は中途解約できません。余裕資金でのお申し込みをお願いいたします。

当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合の取り扱いは「全額の中途解約のみ」となります(一部のみの中途解約はできません)。また、中途解約に際して損害金をお客さまにご負担いただきます。この場合、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。
損害金は、以下の(1)再構築額と(2)中途解約手数料の合計額となります。

(1)再構築額

中途解約日から満期日までの期間に対応する同条件の預金を再構築(調達)するための費用です。中途解約時点の市場価格で計算されます。再構築額は、通貨オプション部分と預金部分にて構成されます。一般的に、通貨オプション部分は為替相場が円高になればなるほど、変動率が高ければ高いほど、また満期日までの期間が長ければ長いほど再構築額は高くなる関係にあります。預金部分については金利が上昇すればするほど再構築額は高くなる関係にあります。

(再構築額の目安)
2016年4月12日(火)現在の通貨オプションや金利の水準では、お預け入れ後すぐの解約を想定した場合の再構築額(オプションの買い戻し)は、特約通貨が米ドル1ヶ月ものは0.8%程度(元本100万円の場合8,000円)、特約通貨が米ドル3ヶ月ものは1.4%程度(元本100万円の場合14,000円)の再構築額が発生すると見込まれます(通貨オプションや金利環境に変化がない前提で計算しています)。
最大損害金額は、中途解約時の市場環境などにより変化し、また合理的な最悪のシナリオを想定することができないため、その金額および試算額を示すことはできません。

(2)中途解約手数料

5,000円(非課税)

3. 為替リンク預金(外貨スタート型)の重要事項

為替リンク預金(外貨スタート型)のリスク

為替リンク預金(外貨スタート型)は、円で払い戻す際の為替レート(特約レート)が特約によってあらかじめ決まっていることから、満期時に特約レートよりも円安になったとしても通常の外貨定期預金であれば得られたはずの為替差益は放棄することになります。
また、お客さまが外貨をご購入された時の為替レートより、特約レートが円高に設定され、満期時に円に交換された場合、為替差損が生じ元本割れをするリスクがあります。
想定される最大損失額をご確認ください。

中途解約について

為替リンク預金(外貨スタート型)は中途解約できません。当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合には、別途定める中途解約手数料を含めた損害金をお客さまにご負担いただくため、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。

預金保険

預金保険の対象ではありません。

手数料

お申し込み時の手数料はかかりません。
円でお受け取りとなった場合、預け入れ通貨から円への交換に関する為替コストはかかりません。ただし、円に交換され支払われた元利金を外貨に交換する際には、当社所定の為替コストがかかります。

為替コスト

ソニー銀行の為替コストとは、外貨を円貨もしくは米ドルから購入し、預け入れる場合に適用される為替相場(TTS)と基準レート(TTM)との差および、払い戻す場合に適用される為替相場(TTB)と基準レート(TTM)との差のことをいいます。それぞれ為替コストとしてご負担いただくため、お預け入れ時とお引き出し時の為替相場に変動がない場合にも、お引き出し時のお受け取り額がお預け入れ額を下回ることがあります。

<為替手数料表>
通貨 対円でのお取り引きの場合 対米ドルでのお取り引きの場合
米ドル 1米ドル当たり 15銭
ユーロ 1ユーロ当たり 15銭 1ユーロ当たり 0.0018米ドル
英ポンド 1英ポンド当たり 45銭 1英ポンド当たり 0.0050米ドル
豪ドル 1豪ドル当たり 45銭 1豪ドル当たり 0.0050米ドル
NZドル 1NZドル当たり 45銭 1NZドル当たり 0.0050米ドル
カナダドル 1カナダドル当たり 45銭 1米ドル当たり 0.0050カナダドル
スイスフラン 1スイスフラン当たり 45銭 1米ドル当たり 0.0050スイスフラン
香港ドル 1香港ドル当たり 9銭 1米ドル当たり 0.0250香港ドル

中途解約時の損害金について

本預金は中途解約できません。余裕資金でのお申し込みをお願いいたします。

当社がやむを得ない事由と認めて満期日前の解約に応じた場合の取り扱いは「全額の中途解約のみ」となります(一部のみの中途解約はできません)。また、中途解約に際しては、損害金をお客さまにご負担いただきます。この場合、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。
損害金は、以下の(1)再構築額と(2)中途解約手数料の合計額となります。

(1)再構築額

中途解約日から満期日までの期間に対応する同条件の預金を再構築(調達)するための費用です。中途解約時点の市場価格で計算されます。再構築額は、通貨オプション部分と預金部分にて構成されます。一般的に、通貨オプション部分は為替相場が外貨高になればなるほど、変動率が高ければ高いほど、また満期日までの期間が長ければ長いほど再構築額は高くなる関係にあります。預金部分については金利が上昇すればするほど再構築額は高くなる関係にあります。

(再構築額の目安)
2016年4月12日(火)現在の通貨オプションや金利の水準では、お預け入れ後すぐの解約を想定した場合の再構築額(オプションの買い戻し)は、米ドル1ヶ月ものは0.8%程度(元本1万米ドルの場合80米ドル)、米ドル3ヶ月ものは1.4%程度(元本1万米ドルの場合140米ドル)の再構築額が発生すると見込まれます(通貨オプションや金利環境に変化がない前提で計算しています)。

最大損害金額は、中途解約時の市場環境などにより変化し、また合理的な最悪のシナリオを想定することができないため、その金額および試算額を示すことはできません。

(2)中途解約手数料
通貨手数料 通貨手数料
米ドル50.00 USD NZドル100.00 NZD
ユーロ50.00 EUR カナダドル80.00 CAD
英ポンド30.00 GBP スイスフラン80.00 CHF
豪ドル90.00 AUD 香港ドル400.00 HKD

4. お取り引きいただけるかた

5. その他重要事項

為替リンク預金 新興国通貨のお取り引きについて