ホーム投資信託ファンド紹介 > 運用効率にこだわる米国投資「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)」

投資信託

投資信託の重要事項

ファンド紹介

運用効率にこだわる米国分散投資 楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(愛称:USA360)

米国投資に注目するかた必見!運用効率にこだわりながら、米国の株式と債券に分散投資を行う「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」のご紹介です。

米国の株式と債券に分散投資

米国株式1に対し、米国債券3の配分割合を基本とします。外貨建て資産については、原則として為替ヘッジは行いません。

米国の株式と債券に分散投資

米国株式部分は、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」に投資

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」とは、バンガード社が運用するCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する投資成果を目指すETFで、米国株式市場の大型株から小型株までを網羅し、投資可能銘柄のほぼ100%となる約4,000銘柄に投資しています。

米国債券の投資は、先物取引を積極的に活用

先物取引を積極的に活用してレバレッジをかけることで、実質的にファンドの純資産総額の360%(3.6倍)相当額を分散投資する運用を行っています。レバレッジとは、「てこの原理」を意味し、ここでは少ない元手で大きな金額の取引を行う投資手法を指しています。「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」は、一般的に株式よりも振れ幅が小さいといわれる債券にレバレッジをかけることで、着実にリターンを積み上げることを目指しています。

米国債券の投資は、先物取引を積極的に活用

効率のよい運用成果を目指すファンド

「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」は、長期投資を前提とした効率的な資産運用の実現という考えのもと設計されています。 株式だけでなく、レバレッジをかけた債券にも投資することで、株式の下落局面でも債券部分がクッションの役目を果たしてくれることが期待できます。
たとえば、米国株式に100%投資する場合と比較すると、「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」の投資戦略は、同じくらいの振れ幅にもかかわらずリターンが大きくなるというシミュレーション結果となっています。最大の下落幅は米国株式よりも抑えられており、運用効率がよいことが示されています。

積み立て投資も含め、長期の資産形成にぜひご活用ください。

米国株式および当戦略のリスク・リターンと運用効率
ドルベース(カッコ内は円換算)
米国株式および当戦略のリスク・リターンと運用効率
購入も積み立てもこちらからどうぞ!
楽天・米国レバレッジ
バランス・ファンド

(運用:楽天投信投資顧問)
ファンド詳細