ホーム投資信託 > 楽天・バンガード・ファンド

投資信託

投資信託の重要事項

ファンド紹介

楽天投信投資顧問×Vanguard 積み立てにオススメ!楽天・バンガード・ファンド 全米株式 全世界株式

楽天・バンガード・ファンド(全米株式、全世界株式)とは

良質なインデックス投資の成果を低コストで投資家の皆さまにお届けすることを目指し、楽天投信投資顧問と世界最大級の運用会社であるバンガード社が協働で開発した楽天・バンガード・シリーズ。
その第一弾として2017年9月29日に運用を開始し、着実に残高を積み上げているファンドです。純資産総額は全米株式が約1,000億円、全世界株式は約400億円と非常に大きく、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」にも2017年から2019年の3年連続入賞するなど、皆さまに選ばれているファンドです(2020年6月末現在)。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

基準価額と純資産総額推移
設定日(2017年9月29日)~2020年6月30日
基準価額 純資産総額
2017/9/2910,0000
2018/3/309,87686
2019/3/2911,106369
2020/3/3110,055769
2020/6/3011,7781,077

基準価額は、信託報酬控除後の値です。

信託報酬は、投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

基準価額と純資産総額推移
設定日(2017年9月29日)~2020年6月30日
基準価額 純資産総額
2017/9/2910,0000
2018/3/309,79556
2019/3/2910,304198
2020/3/318,983305
2020/6/3010,460417

基準価額は、信託報酬控除後の値です。

信託報酬は、投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)に投資する魅力

これ1本で米国株式ほぼすべての銘柄に、低コストで分散投資することが可能です。
このファンドが主要投資対象とするバンガード社のETF「VTI」は、米国株式市場の大型株から小型株まで、投資可能銘柄のほぼ100%となる約3,500銘柄へ分散投資。米国株式市場全体の成長を享受することができます。日米欧の各地域の株式の30年の推移をみても米国株式は日本株式の約11倍、欧州株式の約2倍と大きく成長していることがわかります。

日米欧株式の30年の推移
1990年7月~2020年6月30日
米国 日本 欧州
1990/6/30100.0100.00100.0
1995/6/3098.353.288.6
2000/6/30358.473.7269.4
2005/6/30332.357.4300.6
2010/6/30254.544.3251.2
2015/6/30784.495.3583.3
2020/6/301,150.4102.1570.8

計測期間:1990年6月末~2020年6月末(月次データ)、円ベース

1990年6月末時点を100として指数化

米国株式:S&P500指数(トータルリターン)、欧州株式:S&P Europe 350指数(トータルリターン)、日本:TOPIX(トータルリターン)

出所:Bloombergのデータをもとに、楽天投信投資顧問作成

楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)に投資する魅力

このファンド1本で全世界のほぼすべての銘柄に、低コストで分散投資することができます。
このファンドが主要投資対象とするバンガード社のETF「VT」は、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」をベンチマークとしています。全世界の株式市場の時価総額の98%以上を占める銘柄に投資し、誰もが知る大手の優良企業株から成長性の高い中小型株までカバーしており、世界経済全体に投資することができます。

他の全世界株式指数との差
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
発表会社FTSEインターナショナル(英国)MSCI Inc.(米国)
銘柄数約8,000社約3,000社
算出方法時価総額加重指数時価総額加重指数
指数の概要先進国・新興国の大型株・中型株・小型株までを網羅先進国と新興国の大型株・中型株をカバー
上位業種石油ガス、素材、工業情報技術、金融、ヘルスケア
上位銘柄マイクロソフト、アップル、アマゾンマイクロソフト、アップル、アマゾン

2020年5月29日時点 (出所)ブルームバーグなどから楽天投信投資顧問作成

インデックス・ファンド最大手のバンガードとは

バンガードは、運用資産が約6.2兆米ドル(約650兆円、2020年1月末時点)という世界最大級の運用会社です。バンガードのETFは圧倒的なコストの低さから世界の投資家に支持されており、インデックスファンドにおける世界最大シェア(2019年12月時点約40% 出所:モーニングスター)を占めています。

楽天・バンガード・ファンドを設定した背景

世界のバンガードに投資したい、優良なETFに気軽に投資できるような商品を作りたいという楽天投信投資顧問の想いから作られたファンドが、楽天・バンガード・ファンドです。高度な分散投資を効率的に実現するバンガードETFへの投資を通じ、長期国際分散投資を通じた資産形成に資すること、また国内投資信託として良質なインデックス投資の成果を低コストでお届けすることを目的とし、信託報酬も業界最低水準を目指して設定しています。

積み立て投資がオススメな理由

海外市場に上場しているETFを日本にいながら購入するのは、なかなか気軽に行えるものではありません。楽天・バンガード・ファンドは、円で投資ができ、公募投資信託なので、積立投資をしやすいファンドです。
積み立てを行うことで、購入価格が平準化されます。時間を「分散」しながら「長期」に積み立てることで、価格の急騰や急落の影響を和らげることも期待できます。
また、積み立ての場合は、まとまったお金は必要ありません。タイミングに悩むことなく、一定額をコツコツと積み立てることが可能です。

シミュレーション

前提条件

 ー 運用期間:20年、積立金額:毎月1万円、運用利回り:年5%、信託報酬:年1%と年0.2%

あくまでシミュレーションですが、長期間に亘って積み立てをすることで、複利効果もあいまって、着実に資産が積みあがっています。また、長期間に亘る積立投資では、低コストの商品に投資することも大切なポイントの一つと言えるでしょう。

当シミュレーションは一定の条件に基づいた場合の結果を表したものであり、将来の運用成果を約束するものではありません。実際の運用においては、売買コストや信託報酬、運用資産の規模、 設定解約に伴う資金流出入、実際に行うリバランスのタイミングなどによる影響が生じます。そのため、実際の運用成果が、シミュレーショ ンと同様になることを約束するものではありません。

年数 積立元本 信託報酬控除後(信託報酬:1%) 信託報酬控除後(信託報酬:0.2%) 信託報酬控除前
1120,000122,259122,717122,832
5600,000663,030676,652680,114
101,200,0001,472,5481,536,3841,552,891
151,800,0002,460,9652,628,7942,672,977
202,400,0003,667,8204,016,8544,110,449

シリーズラインアップ

ソニー銀行では全世界株式、全米株式と合わせ4ファンドを取り扱っています。