ソニー銀行のウェブサイトであることをご確認ください

金融機関等を装って(*)電子メールを送信し、メールの受信者を偽のウェブサイトに誘導し、パスワードや暗証番号等の重要情報を入力させるなどして個人情報等を不正に取得するという悪質な詐欺事件が発生しています(いわゆる「フィッシング詐欺」)。以下についてご注意ください。
還付金の支払い手続きなどの口実の場合もあります。

ソニー銀行のドメイン名について

当社ウェブサイトに使用しているドメイン名は以下の通りです。
サービスサイト:「moneykit.net」
企業サイト:「sonybank.net」

デジタル証明書による確認方法

(1)鍵マークからの確認

ウェブブラウザー上の鍵マークをクリック(またはダブルクリック)して証明書を表示してください。
(鍵マークはブラウザーのバージョンにより、画面上部や画面下部に表示されています。)

ウィンドウ上部のアドレスバーに表示されているドメイン名および証明書の「発行先」に表示されているドメイン名が、当社ウェブサイトのドメイン名と同一であることをご確認ください。

鍵マークからのデジタル証明書確認例
(画面イメージ)

(2)画面上で右クリック

画面上で右クリックし、「プロパティ」を選択してください。表示された画面の「証明書」ボタンをクリックすると、「証明書」画面が表示されます。ウィンドウ上部のアドレスバーに表示されているドメイン名および証明書の「発行先」に表示されているドメイン名が、当社ウェブサイトのドメイン名と同一であることをご確認ください。

ウェブサイト 画面イメージ
(画面イメージ)

(3)緑色のアドレスバーによる確認

ソニー銀行ではセキュリティ強化を図るため、デジサート・ジャパン合同会社が発行する「デジサートSSLサーバ証明書」に対応しております。
「デジサートSSLサーバ証明書」とは、対応ブラウザーをご利用いただくことで、ウェブサイトの運営組織の実在性を明確に特定し、お客さまをフィッシング詐欺などから保護することができる証明書となります。

対応ブラウザーについて(ソニー銀行で動作確認を行っていない環境も含まれます。)
  • Microsoft Internet Explorer 7.0以降
  • Mozilla Firefox 3.0.0以降
  • Safari3.2以降
対応ブラウザー利用時の画面表示について
  • アドレスバーが緑色に変化
    アドレスバーの緑色表示は、デジサートグローバル・サーバID EVが導入されている信頼性の高いウェブサイトであることを表します。
  • アドレスバーの右側にSSL/TLS暗号化通信を表す鍵のアイコンを表示
  • 「ウェブサイトを運営する組織」と「証明書を発行した認証局」を交互に表示
    EV SSL証明書を導入しているサイトにSSL/TLS接続すると、ウェブサイトの運営主体組織の名前(Sony Bank)と、その組織を認証しEV SSL証明書を発行した認証局名(VeriSign)が交互に表示されます。
Internet Explorer 11.Xでの画面表示例
設定方法について
  • Internet Explorer 11.X(Windows 10)をご利用の場合
    ブラウザーの「セーフティ」より「SmartScreen フィルター機能」を選択し、「SmartScreen フィルター機能を有効にする」を選択する。
  • Firefox 3.0.0以降をご利用の場合
    標準状態で動作するため、特に設定は必要ございません。

画面イメージはすべて、ブラウザーがMicrosoft® Internet Explorerの場合です。

閉じる