ホーム投資信託と外国為替証拠金取引(FX)にかかる税金の基本 > 外国為替証拠金取引(FX)と税金の関係

投資信託と外国為替証拠金取引(FX)にかかる税金の基本

外国為替証拠金取引(FX)の税金

外国為替証拠金取引(FX)と税金の関係

FXで得た利益に対しては税金がかかるのですか?

FXによる所得は「為替差益」「スワップポイント(*1)」ともに「先物取引にかかる雑所得等の金額」として申告分離課税の対象となっていますので、確定申告をして納税することになります。

  2012年1月1日以後
先物取引にかかる雑所得等の金額(FXの決済に伴う所得等) 申告分離課税(源泉徴収なし・要申告)
  税率 20.315%(*2)
  • スワップポイントとは、金利の異なる通貨を取り引きした場合に生じる金利差のことです。金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うと、スワップポイントを受け取ることになります。反対に、金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買うと、金利差はマイナスとなり、スワップポイントを支払うことになります。スワップポイントは取り引きする通貨の組み合わせによって異なり、金利の変動などによって見直しされます。また、スワップポイントは証拠金の額ではなく、取引額(ポジション)に対して付与されます。

  • 申告分離課税の税率は、基本「所得税15%、住民税5%」です。所得税額に対しては別途税率2.1%の復興特別所得税が課されます。なお、確定申告をした場合、各種控除などにより、納税額が対象の譲渡所得に対して20.315%とならない場合もあります。