ホーム投資信託と外国為替証拠金取引(FX)にかかる税金の基本 > 新NISA制度とは

投資信託と外国為替証拠金取引(FX)にかかる税金の基本

NISA

新NISA制度とは

新NISA制度ってなんですか?

2020年度の税制改正により従来のNISA制度が全体的に見直されることになりました。2024年以降、「一般NISA」は制度内容が見直され「新NISA」に変更になります。

  一般NISA 新NISA
非課税の対象商品 上場株式、ETF、株式投資信託 2階 上場株式、ETF、株式投資信託など(高レバレッジ型投資信託は除外)
1階 長期の積立・分散投資に適した公募株式投資信託など(つみたてNISA対象商品)
非課税投資額 年120万円が上限 2階 年102万円が上限
1階 年20万円が上限
非課税投資総額 最大600万円 2階 最大510万円
1階 最大100万円
非課税期間 最長5年間 最長5年間
投資対象期間 2023年まで 2024年~2032年

ソニー銀行では上場株式、ETFの取り扱いはありません。
現行のNISA制度の詳細は「NISAとは」をご確認ください。

新NISA制度の留意事項

現行の一般NISAのような2階部分だけでも使えるのですか?

「新NISA」は原則として、1階部分の積立投資を行わなければ、2階部分の投資ができないしくみになっています。この変更は、より多くの国民に長期・分散投資を通じて、安定的に資産を形成してもらいたいという意図によるものです。
投資経験がある場合は、届け出を出して1階の利用なしでも2階を利用することができますが、非課税投資額は2階部分の102万円のみで、非課税の対象商品も上場株式に限られる見込みです。株式投資信託、ETFなどを買うには1階部分を使う必要があります。

新NISAは非課税期間が過ぎたあとはどうなるのでしょうか?

「新NISA」の非課税期間は5年間ですが、1階部分は5年経過してから「つみたてNISA」にロールオーバーすることができます。それまで積み立てた分を含め、年間40万円までの積立投資を20年間、継続できます。つまり、最大25年間、非課税で積み立て投資ができます。
投資初心者にとっては、年間最大20万円までを5年間積み立てる「新NISA」の1階部分は、投資を始めるきっかけにしやすいといえるかもしれません。投資に慣れてきたら、「つみたてNISA」で延長するという手段も選ぶことができます。
ソニー銀行ではつみたてNISAの取り扱いはありません。