ホーム円預金 > 積み立て定期預金

円預金

積み立て定期預金

積み立て定期預金は、毎月一定の金額を円普通預金の残高から自動で定期預金に積み立てる預金です。
一度設定するだけで、あとは自分で決めた日に決められた額が自動的に積み立てられるので、ついついお金を使ってしまうかたも手間なく貯蓄できます。もちろん手数料は無料です。

積み立て定期預金 手数料無料で自動積み立て

積み立て定期預金の特徴

積み立て定期預金は、お預け入れ金額やお預け入れ期間、満期の取り扱いなどの点で通常の円定期預金と商品性が異なりますので、ご注意ください。

お預け入れごとの明細

積み立て定期預金では毎月のお預け入れ額ごとに「明細」がつくられ、その明細ごとに設定した預け入れ期間で満期日がきます。満期日は明細ごとに自動更新されます。

毎月1万円ずつ、運用期間1年で積み立て定期をはじめた場合、1万円ごとに明細がつくられます。
10ヶ月目に、月々のお引き落としによる積み立てに3万円増額してお預け入れをした場合、明細11のように3万円分の別明細がつくられます。
これらすべての明細をあわせて、ひとつの積み立て定期預金のご契約となります。

お預け入れごとの明細

明細ごとのお引き出し

積み立て定期預金のお引き出しは、ご希望の金額を満たすまでの「直近の明細」を解約するお取り引きです。

毎月1万円ずつ、運用期間1年で積み立てた定期を、1年2ヶ月目に3万円のお引き出しをしようとした場合、この金額を満たす直近の明細は、
明細13(1万円)+明細12(1万円)+明細11(3万円)=5万円
となり、お引き出し金額は、5万円(+利息)となります。

明細ごとのお引き出し

お引き出し(または積み立て定期預金のご解約)と適用金利

一般的に円定期預金を満期日前に解約すると、中途解約利率が適用されます。
積み立て定期預金のお引き出し、または積み立て定期預金契約のご解約のときも同じく、明細ごとに中途解約利率が適用されます。

毎月1万円ずつ、運用期間1年で積み立てた定期を、1年8ヶ月目で全額引き出そうとした場合、明細8についてはちょうど満期日なので、約定金利がそのまま適用されます。
明細1~明細7については中途解約利率が自動更新日にさかのぼって適用され、明細9~明細13についてはお預け入れ日にさかのぼって中途解約利率が適用されることになります。

お引き出し(または積み立て定期預金のご解約)と適用金利
はじめよう、未来にそなえる積み立て3商品