本文へジャンプします

資産運用の王道である
『長期・積立・分散』

様々な投資方法や資産運用スタイルが確立している中で、やはり王道といえるのは「長期・積立・分散」ではないでしょうか?
金融庁の2016年9月に発表した「金融レポート」において、「リターンの安定した投資を行うには、投資対象のグローバルな分散、投資時期の分散、長期的な保有の3つを組み合わせて活用することが有効である」と明記されています。長期・積立・分散とは、言い換えれば、「少なくとも10年以上の長期間に渡り」、「株式市場や為替相場に左右されずに一定額を投資し続け」、「グローバル分散投資によりリスクをコントロールしつつリターンを最大化する」ともいえます。

  • 長期
  • 積立
  • 分散

効率的な資産運用とは

資産運用を正しい手順で行うためには、それに伴う高度な知識や膨大な時間と手間が必要とされます。ポートフォリオ構築からその後のメンテナンス、適切なリバランスを行い、税金の最適化を検討する。時には損失に対する恐れや焦りなどに左右され、合理的な行動に移せない場合もあるかもしれません。人が介在して判断・行動を行うからには、どうしても時間的な拘束や心理的影響は避けられないものです。そんな資産運用に伴う様々な無駄や不合理性を淘汰させ、合理的な投資や最適ポートフォリオを作成する自動投資ツールが、いわゆるロボアドバイザーです。
既に3万人が利用しているロボアドバイザーWealthNaviであれば、簡単な質問に答えるだけで最適ポートフォリオを作成し、自動で投資を行う事ができます。その真髄ともいえる高度なアルゴリズムは、これまで世界の富裕層や機関投資家など一部の人間だけが享受してきました。

WealthNaviロボアドバイザーは従来の投資運用をすべて自動化

ロボアドバイザー
WealthNaviとは

  • イメージ

    ロボアドバイザーが自動運用

    資産運用に関わる全プロセスを自動化。
    必要とされる高度な知識、膨大な時間と手間、そして心理的不安に左右されない論理的な投資行動は、すべてロボアドバイザーWealthNaviが行います。

  • イメージ

    世界水準の金融アルゴリズム

    WealthNaviで採用している、長期運用・分散投資に適した世界水準の金融アルゴリズムは、ノーベル賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」などに基づくアルゴリズムです。

  • イメージ

    世界標準の投資理論による安定した国際分散投資

    純資産総額の規模が大きい、厳選された複数銘柄の海外ETF(上場投資信託)に投資。
    これにより、実質的に約50か国の11,000社以上に国際分散投資を行い、世界経済の成長率を上回るリターンを目指します。

  • イメージ

    透明性の高い手数料

    手数料は預かり資産の年率1.0%(税別)、3,000万円を超える部分は年率0.5%(税別)のみ。売買手数料、入出金手数料は不要。ETFの購入・売却やリバランスの手数料は一切かかりません。また、実質的な為替手数料である「為替スプレッド」もありません。

WealthNaviの優れた機能

  • イメージ

    1. 目標金額とリスク許容度の設定(ナビゲーション機能)

    WealthNaviは、資産運用を行うお客さまのリスク許容度を診断すると同時に、資産運用の目標額とその達成の可能性が可視化されるナビゲーション機能を採用しています。

  • イメージ

    2. 最適ポートフォリオの自動構築

    自分で具体的な投資対象や配分割合に頭を悩ませる必要はありません。WealthNaviが世界中の様々な資産によって構成される最適なポートフォリオを、お客さまのリスク許容度に合わせて構築します。

  • イメージ

    3. クイック入金

    WealthNaviの資産運用口座へは、ソニー銀行口座をはじめ複数の金融機関からいつでも入金可能。もちろん手数料もかかりません。

  • イメージ

    4. 自動発注機能

    WealthNaviに入金された運用資金に応じて、お客さまのリスク許容度に応じた最適な配分を実現する各銘柄の購入数量を決定。ニューヨーク証券取引所に自動で発注します。

  • イメージ

    5. 分配金の自動再投資

    受け取った分配金が一定額以上になると、ポートフォリオのリバランスの効果が得られる最適な各銘柄の購入数量をWealthNaviが算出し、自動でETFに再投資を行います。

  • イメージ

    6. 自動積立機能

    WealthNaviの自動積立機能を使って、ソニー銀行口座から毎月一定額を自動で移して積立投資することができます。もちろん追加手数料はかかりません。積立金額は毎月1万円から指定でき、いつでも変更可能です。

  • イメージ

    7. 自動リバランス機能

    お客さまのポートフォリオを継続的にモニタリングし、そのバランスが一定以上崩れた場合や半年以上リバランスしていない場合は、WealthNaviが自動でリバランスを実行します。

  • イメージ

    8. 自動税金最適化機能(DeTAX)

    税負担が一定額を超えた場合、保有銘柄の評価損を実現化させることで税負担を繰り延べし、投資効率を向上させます。

WealthNavi for ソニー銀行の比較

既にソニー銀行の口座をお持ちのかたが、WealthNavi for ソニー銀行をご利用するのであれば、
面倒な開設手続きは不要。6つの簡単な質問に答えるだけ。
最低投資金額30万円をクイック入金で資金移動すれば、即運用が開始されます。

他社ロボアドバイザーとの比較

(国内ロボアドバイザーサービスを対象としたウェルスナビ社調べ / 2017年11月現在)

 WealthNavi※1独立系A大手ネット
証券系B
主要機能自動積立
自動
リバランス
分散投資
自動税
金最適化
(DeTAX)
××
利便性最低投資
金額
クイック
入金
×
スマホ
アプリ
※2××

※1 WealthNavi for ソニー銀行も同機能。 ※2 iOS版およびAndroid版を提供。

ウェルスナビ社 CEO柴山氏の
運用実績公開

モデルケースとして、ウェルスナビ株式会社 CEO 柴山 和久氏の(*1)運用実績を公開いたします。
2016年1月から運用を開始し、投資額の累計3.0万ドルが、3.8万ドル以上(+27.04%)に成長。
1年あたり(*2)にすると16.4%でした。グラフを見ても、安定して資産が増加していることが見て取れます。

2016年1月〜2017年10月の運用実績(米ドル建て)

イメージ
  • (*1)2017年10月31日現在の実績です。
  • (*2)ここで算出したリターンはIRR(Internal Rate of Return:内部収益率)です。本件は追加投資を継続的に行った事例であるため、分析期間の始め頃に投資された元本と、終わり頃に投資された元本では、運用されていた期間の長さが異なります。このような運用期間の違いを反映して1年あたりのリターンを算出したものです。

WealthNavi for ソニー銀行
ご利用までのフロー

  1. STEP1

    ソニー銀行口座を開設する。

    ※既にソニー銀行の口座をお持ちであれば、STEP1の手続きは不要です。

    ソニー銀行口座開設の手続き

  2. STEP2

    お試しのWealthNavi無料診断を受けてみる。(スキップ可能)

    ※STEP2の無料診断のみ受けることもできます。STEP3の申し込み手続き中に診断を受けることもできます。

    WealthNavi無料診断

  3. STEP3

    WealthNavi for ソニー銀行を申し込む。

    ※無料診断は申し込み手続き中に受けることができます。

    WealthNavi for ソニー銀行の申し込み

  4. STEP4

    WealthNavi for ソニー銀行アプリをダウンロードする。(スマホでご利用したい場合のみ)

    ※スマホアプリをご利用いただかなくても、PCやスマホのブラウザで利用は可能です。

  5. STEP5

    WealthNavi for ソニー銀行に資金を移して運用開始!

まだ、ソニー銀行の口座をお持ちでないかたはこちら

ソニー銀行の口座開設

今なら、キャンペーン実施中!

WealthNavi for ソニー銀行を使って“ドリームジャンボ宝くじ”をもらおう!