ホーム商品一覧仕組み預金 > はじめての仕組み預金


はじめての仕組み預金

上手に使って、上手に殖やす!【ポイントをカンタン解説】預金だけれど、通常の「普通預金」や「定期預金」とちょっと違う。
一般の預金とちょっと仕組みが違うぶん、魅力的な高金利。
上手に使うと上手にふやせる、そんな「仕組み預金」の世界をご案内!

特徴1高金利を提供するための仕組みがある!

高金利には秘密アリ。仕組み預金にはさまざまなタイプがありますが、いずれも「デリバティブ」と呼ばれる金融派生商品が活用された商品です。

過去、デリバティブ商品の濫用が世界的な金融危機を招いたとの報道もあったので、「デリバティブ=危険」といったイメージがあるかもしれませんが、正しくお付き合いすれば限られたリスクで高リターンを追求できる、とっても便利なもの。

ソニー銀行の仕組み預金もそれぞれリスク、デメリットもありますが、その反面通常の預金よりも大きなリターンを追求できます。

特徴2期間限定の「募集型」。比較的少額からお預け入れ可能!

仕組み預金は、ソニー銀行がインターネット上で随時お申し込みを受け付ける、「募集型」の商品です。

  • ※募集期間中ならシステムメンテナンス時を除き原則24時間、お申込み可能

また、比較的少額からお預け入れいただける商品です。
日本円でお預け入れするタイプ、米ドルやユーロなど、外貨でお預け入れするタイプがあります。日本円なら10万円から、外貨なら各通貨とも1,000通貨単位からお申し込みいただけます。

特徴3中途解約は原則不可。お預け入れは余裕資金で!

仕組み預金は原則として中途解約はできません。

当社がやむを得ない事由と認めて中途解約に応じる場合は、損害金をお客さまにご負担いただきます。この場合、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがありますので、すぐに使う予定のあるお金ではなく、余裕資金でお預け入れいただくのが鉄則です。

特徴4タイプごとに異なるリスクと商品性

仕組み預金にはさまざまなタイプがあり、その特徴やメリット、デメリットは実に多様。

まずは各タイプそれぞれの商品性をご確認いただき、どんなリスクがあるかをご理解いただいたうえでお預け入れいただくのが上手に殖やす秘訣です。


ソニー銀行が扱う仕組み預金(タイプ別)

円定期plus+

通常の円定期預金よりも高金利!(*)
ただし満期日が当初の予定より早期に繰り上げとなる場合も

ステップアップ型
2年目以降、1年ごとに金利が上昇
フラット型
お預け入れから満期まで金利が一定

ステップアップ型、フラット型とも、当社の判断で満期日が繰り上がることがあります。
満期日が繰り上がった場合は、満期日に円普通預金に入金され、円普通預金金利が適用されます。

  • (*)募集時点における、預け入れ期間が同じ当社定期預金との比較。

円定期plus+ の詳細

満期日の繰り上げの有無に関わらず、原則として中途解約はできません。円定期plus+ は当初予定されている満期日まで使用しない余裕資金で♪

為替リンク預金(円スタート型)

通常より高い金利を日本円で追求!
ただし満期時の元利払いが外貨になることも

為替リンク預金(円スタート型)イメージ図

為替リンク預金(円スタート型)の詳細

為替リンク預金(外貨スタート型)

通常より高い金利を外貨で追求!
ただし満期時の元利払いが、日本円になることも

為替リンク預金(外貨スタート型)イメージ図

為替リンク預金(外貨スタート型)の詳細

円高、円安など為替の動向をしっかりチェックするのが為替リンク預金で殖やす秘訣です♪


仕組み預金に関する注意事項

  • 仕組み預金は、さまざまな特約(制約)、リスクがあるかわりに、相対的に高い金利が付与される金融商品です。
  • 原則として中途解約ができないため、満期日まで利用する予定のない余裕資金でお預け入れください。
  • 当社がやむを得ない事由と認めて中途解約に応じた場合には、損害金をお客さまにご負担いただきます。この場合、お受け取り額が当初お預け入れ額を下回り、元本割れが生じるリスクがあります。
  • 商品性やリスクについて十分にご理解いただくため、必ず事前に「商品詳細説明書」「契約締結前交付書面」をご確認ください。
  • 仕組み預金のうち、為替リンク預金は特約の判定結果によって、お客さまにとって不利な為替レート(特約レート)で特約通貨に交換のうえお受け取りとなる可能性や、満期金が外貨受け取りとなった場合は外貨特有のリスクが発生し、元本割れが生じるリスクがあります。