ホーム仕組み預金 > 為替リンク預金(円スタート型)


為替リスクを取りつつ、円で高い金利を目指す仕組み預金 為替リンク預金(円スタート型)

為替リスクを取り、短期間でより高い円金利を追求したいかたに

為替リンク預金には、当初外貨から預け入れる「外貨スタート型」もあります

「円スタート型」と「外貨スタート型」は、原則、隔週で交互に募集を行っています。

外貨スタート型の商品概要についてはこちら

カンタンに言うと、どんな商品?

通常の円定期預金よりも高金利!
ただし満期時の元利払いが外貨になることも。

日本円で10万円から預け入れ。

払い戻される元本と利息は、満期日の前営業日(特約判定日)の為替レートによって「日本円」となるか、「外貨(あらかじめ定められた特約通貨)」となるかが決定。外貨に決定した場合、仮に市場で円高が進んでいても、不利(円安)なレートで外貨に換金されることになります。

本商品の中途解約は原則できません。

想定される最大損失額についてはこちら

日本円からスタート!
判定日にあらかじめ定められたレート以上の円安なら… 元本、利息とも日本円のままで受け取り!
判定日にあらかじめ定められたレートより円高なら… 元本、利息ともあらかじめ定められた特約レートで外貨に換金して受け取り!

為替リンク預金(円スタート型)をお選びいただく際のポイント

為替リンク預金(円スタート型)は、複数の商品を同時に募集することがあります。
商品をお選びいただく際のポイントは3つです。

1. 特約通貨
外貨受け取りとなった場合に受け取る通貨。南アフリカランドなどの新興国通貨は、金利が高い一方で為替変動は大きくなる特徴があります。
2. 期間
一般的には期間が長いほど、為替レートが現在の水準から離れて円安・円高のどちらにも動く可能性が高くなります。
3. 特約レート
満期時のお取り扱いを決める基準となる為替レート。募集期間最終日13:00のソニー銀行レート(TTM)を基準に、−0円、−0.5円、−3円など商品ごとに設定されます。為替レート(TTM)に対してマイナス幅が大きいほど円のまま受け取る可能性が高くなります。

為替リンク預金(円スタート型)はこんなかたにオススメです

  • 通常の円定期よりも高い金利での運用をお考えのかた
  • 目先、為替レートが円安に推移する見通しをお持ちのかた
  • 円高になったら、外貨を購入してもよいとお考えのかた
[Q]予想に反して円高が進み、満期の受け取り通貨が外貨(特約通貨)となった場合はどうしたら良いですか?
[A]
  • 円安になったらすぐに日本円に換えるなど、為替レートを見ながら機動的に対処したい場合は外貨普通預金のまま運用
  • 目先の為替レートは気にせず、しばらく外貨のまま運用したい場合は外貨定期預金など、より高金利の外貨商品に乗り換え
というプランはいかがでしょうか?

お預け入れから満期までの流れ

  • ※為替リンク預金(円スタート型)にはさまざまな特約通貨、期間のものがありますが、ここでは例として「特約通貨:米ドル、1ヶ月」にお預け入れしたものと仮定します。
お預け入れ & 特約レートの決定
募集期間中にお申込み!日本円からスタート ※募集期間最終日のTTMを基準として、「特約レート」が決定されます
受け取り通貨の判定
特約判定日時(満期日の前営業日の15:00)※募集期間最終日13:00のTTMを基準として、「特約レート」が決定されます
満期(元本・利息をお受け取り)
募集期間中にお申込み!日本円からスタート ※募集期間最終日のTTMを基準として、「特約レート」が決定されます
  • 参照レートが、当初定められた特約レート(ここでは例:100円)よりも円安または同値なら元本、利息とも日本円のままで受け取り
  • 参照レートが、当初定められた特約レート(ここでは例:100円)よりも 円高なら元本、利息とも特約レートで外貨のまま受け取り ※この時点の為替水準に関わらず、特約レートの1ドル=100円で米ドルに換金されます

注意点

注意が必要なのは、外貨(特約通貨)で元本・利息を受け取ることになった場合。

通常、日本円を外貨に換える場合は円高になればなるほど外貨ベースでの受け取り額が増えますが、為替リンク預金(円スタート型)は、あらかじめ定められた「特約レート」で外貨に換えるため、実勢為替レートに関わらず、外貨ベースでの受け取り額は変わりません。
つまり円高が進んだとしても、通常よりも不利(円安)な為替レートで外貨に換金されることとなります。

また、上記のように不利な為替レートで換えられた外貨をすぐに日本円に転換すると、円ベースでの当初元本を下回る場合があります。

お取り引きの詳細

STEP1 お預け入れ & 特約レートの決定

  • 常時お申し込みいただける商品ではなく、ソニー銀行のサービスサイト上で随時告知される「募集型」の商品です。募集期間中、ログイン後のPCサイト上からお申し込みいただけます。
  • 募集期間の締め切りまでは、お申し込みの取り消しが可能です。
    募集期間終了後は、お申し込みの取り消しおよび中途解約はできませんので余裕資金でお申し込みください
    • お申し込み代金は、円普通預金口座から充当されます。あらかじめお申し込み代金相当額の円普通預金残高が必要です。
    • 特約通貨の外貨普通預金口座を事前に開設していただく必要があります。

為替リンク預金のお申し込み方法はこちら

  • 募集期間最終日 13:00の為替レート(TTM)を基準として、「特約レート」が決定されます。「特約レート」は募集に応じて、為替レート(TTM)に対して一定の幅を設定する場合があります。
  • 特約レートは満期における元本・利息の受け取り通貨の判定、および外貨(特約通貨)でお受け取りとなった場合の交換レートとして使用します。

STEP2 受け取り通貨の判定

  • 特約判定日時(満期日の前営業日15:00)における為替レート(TTM)(以下、「参照レート」)とStep1で決定された「特約レート」を比較。満期日における元本、利息の受け取り通貨を決定します(お客さま自身による受け取り通貨の選択はできません)。

「参照レート」が、Step1で決まった「特約レート」よりも円安または同値

受け取り通貨は日本円のまま

「参照レート」が、Step1で決まった「特約レート」よりも円高

受け取り通貨は外貨(特約通貨)※外貨(特約通貨)に換える際の為替レートは、Step1で決定された「特約レート」が適用されます。

  • ※外貨(特約通貨)に換える際の為替レートは、Step1で決定された「特約レート」が適用されます。

STEP3 満期(元本・利息をお受け取り)

  • Step2で決定された受け取り通貨で元本および利息(税引き後)を満期日に受け取ります。
  • 「日本円」でのお受け取りとなった場合、お客さまのソニー銀行 円普通預金口座に自動的に入金します。
  • 「外貨」でのお受け取りとなった場合、お客さまのソニー銀行 外貨普通預金口座に自動的に入金します。

口座をお持ちでないかた

口座開設

口座をお持ちのかた

ログイン

<ご注意>

  • お申し込みは、募集方式によるお取り扱いのみです。随時、サービスサイト上で募集条件や募集期間を告知・案内し、募集期間中お申し込みを受け付けます。ただし、一回の募集につき、一つの商品を複数お申し込みいただくことはできません。
  • お申し込み締め切り後、お申し込みのお取り消しはできません。なお、特約レートはお申し込み締め切り後に確定します。
  • 市場環境が急変した場合など、過去に遡って募集を取り消すことがあります。同時に、募集期間中であっても募集を中止し、その後のお申し込みを受け付けないことがあります。
  • 為替リンク預金(円スタート型)は、預金保険の対象です。ただし、外貨でお受け取りとなり特約通貨の外貨普通預金口座に入金した後は、預金保険の対象外となります。詳細については本預金の商品詳細説明書をご確認ください。

本預金はデリバティブ預金であり、通常の円預金とは異なるリスク・リターンのある商品です。上記ご注意の内容に加えて、想定される最大損失額のご案内もあらかじめご確認のうえ、お申し込みください。

想定される最大損失額について 為替リンク預金(円スタート型)