ホーム仕組み預金 > 為替リンク預金(円スタート型)


為替リスクを取りつつ、円で高い金利を目指すかたに 為替リンク預金(円スタート型)

為替リンク預金(円スタート型)は、当初円で預け入れ、為替レートの水準によって満期時の受け取り通貨が外貨となる場合があるかわりに、通常の円預金よりも高い金利をご提示している仕組み預金です。10万円からお申し込みいただけます。

為替リスクを取り、短期間でより高い円金利を追求したいかたに

為替リンク預金には、当初外貨から預け入れる「外貨スタート型」もあります

「円スタート型」と「外貨スタート型」は、原則、隔週で交互に募集を行っています。

為替リンク預金(円スタート型)をお選びいただく際のポイント

為替リンク預金(円スタート型)は、複数の商品を同時に募集することがあります。
商品をお選びいただく際のポイントは3つです。

1. 特約通貨
外貨受け取りとなった場合に受け取る通貨。南アフリカランドなどの新興国通貨は、金利が高い一方で為替変動は大きくなる特徴があります。
2. 期間
一般的には期間が長いほど、為替レートが現在の水準から離れて円安・円高のどちらにも動く可能性が高くなります。
3. 特約レート
満期時のお取り扱いを決める基準となる為替レート。募集期間最終日13:00のソニー銀行レート(TTM)を基準に、−0円、−0.5円、−3円など商品ごとに設定されます。為替レート(TTM)に対してマイナス幅が大きいほど円のまま受け取る可能性が高くなります。

為替リンク預金(円スタート型)はこんなかたにオススメです

  • 通常の円定期よりも高い金利での運用をお考えのかた
  • 目先、為替レートが円安に推移する見通しをお持ちのかた
  • 円高になったら、外貨を購入してもよいとお考えのかた

お申し込み方法

お申し込みは、PCサイトにログイン後、トップページの「商品一覧」ー「仕組み預金」からお手続きください。

  • ※為替リンク預金(円スタート型)をお申し込みの際は、事前に特約通貨の外貨普通預金口座の開設が必要です。

詳しいお取り引きの画面操作方法は、こちらをご確認ください。

[Q]予想に反して円高が進み、満期の受け取り通貨が外貨(特約通貨)となった場合はどうしたら良いですか?
[A]
  • 円安になったらすぐに日本円に換えるなど、為替レートを見ながら機動的に対処したい場合は外貨普通預金のまま運用
  • 目先の為替レートは気にせず、しばらく外貨のまま運用したい場合は外貨定期預金など、より高金利の外貨商品に乗り換え
というプランはいかがでしょうか?
外貨をお持ちのかた必携!「円」でも「外貨」でもお買物。

Sony Bank WALLET

円普通預金と同様、外貨普通預金の残高でもお買い物が楽しめる。外貨をお持ちのかた必携の一枚がVisaデビット付きキャッシュカード、「Sony Bank WALLET」。
国内外でのショッピングも、ATMでの現地通貨引き出しもこの一枚!

  • Sony Bank WALLET とは

発行手数料・年会費無料

口座をお持ちでないかた

口座開設

口座をお持ちのかた

ログイン

<お申し込みの際のご注意>

  • 外貨(特約通貨)でお受け取りになった元利金を満期日のソニー銀行の為替レート(TTB)にて円貨に換算すると、当初のお預け入れ時の元本金額を下回り、円貨ベースで元本割れするリスクがあります。
  • 外貨(特約通貨)でお受け取りとなった場合、特約レートで交換した外貨(特約通貨)でお受け取りになる元利金の金額は、満期日の市場実勢レートで外貨に換算した金額と比べて少額となる場合があります。
  • お申し込みは、募集方式によるお取り扱いのみです。随時、サービスサイト上で募集条件や募集期間を告知・案内し、募集期間中お申し込みを受け付けます。ただし、一回の募集につき、一つの商品を複数お申し込みいただくことはできません。
  • お申し込み締め切り後、お申し込みのお取り消しはできません。なお、特約レートはお申し込み締め切り後に確定します。
  • 市場環境が急変した場合など、過去に遡って募集を取り消すことがあります。同時に、募集期間中であっても募集を中止し、その後のお申し込みを受け付けないことがあります。
  • 本預金は、中途解約ができません。余裕資金でのお申し込みをお願いいたします。

<お預け入れ後のご注意>

  • 為替リンク預金(円スタート型)は、預金保険の対象です。ただし、外貨でお受け取りとなり特約通貨の外貨普通預金口座に入金した後は、預金保険の対象外となります。詳細については本預金の商品詳細説明書をご確認ください。

本預金はデリバティブ預金であり、通常の円預金とは異なるリスク・リターンのある商品です。上記ご注意の内容に加えて、想定される最大損失額のご案内もあらかじめご確認のうえ、お申し込みください。