SCANDAL

Sony Bank WALLET × SCANDAL

8月21日にバンド結成10周年を迎えるSCANDAL。3月に7枚目となるアルバム『YELLOW』を発売。同作品を手に4月から6月までの3ヶ月間、彼女たちは国内を中心に、香港・台湾・シンガポール・タイを含む全21公演に及ぶ全国&アジアツアーを行った。9月には、アルバム『YELLOW』を手に初のヨーロッパ単独ツアー「SCANDAL TOUR 2016"YELLOW"IN EUROPE」も発表。過去にも数多くの海外公演を行い、昨年は初のワールドツアーも成功させ、今や、SCANDALは世界を舞台に活動している。
結成日当日となる8月21日(日)には、地元である大阪・泉大津フェニックスを舞台に大阪凱旋野外イベント「SCANDAL 10th ANNIVERSARY FESTIVAL『2006-2016』」の開催も発表。そのイベントを彩るに相応しいアイテムとして、7月27日(水)には23枚目となるシングル『テイクミーアウト』も発売する。国内外問わず、ボーダレスな活動を行うSCANDAL。「パスポートのスタンプを押す白いページがほとんどない」と語るくらい世界中を駆けめぐっている彼女たちに、最新シングルの魅力や Sony Bank WALLET についての話を伺った。

SCANDAL

meet “SCANDAL”

SCANDALが語る
8月21日にバンド結成10周年を迎える
SCANDALの音楽活動と最新シングルの魅力

インタビューをよむ

meet “Sony Bank WALLET”

海外公演中、国を変わるたびに両替をするのが大変。
でも、Sony Bank WALLET が1枚あると、そんな心配も不要だから楽なんです。

SCANDALは毎年のように海外でライブ公演を行えば、昨年は海外8ヶ国10都市に及ぶ初のワールドツアーも大成功に収めました。みなさん、かなり旅慣れてるんじゃないですか??

  • TOMOMI:最初に海外ライブを行ったのが、まだインディーズ時代の8年前。その頃から、毎年海外でライブ活動も行っているので、だいぶ旅には慣れてきましたね。

SCANDALの場合、短期間に幾つもの国をサーキットするツアーも経験しています。その際の苦労も多いのでしょうか??

  • TOMOMI:移動が大変ということよりも、その国ごとに紙幣をエクスチェンジしなきゃいけないのが、意外と面倒かもしれない。
  • HARUNA:そうだよね。6月にもツアーの一環として短期間で4ヶ国をまわったんですけど、その国へ行くたびに通貨の両替をしなきゃいけないのがちょっと大変。そういうときに Sony Bank WALLET があると便利だなぁと感じます。

HARUNA
HARUNA

とくにアジア公演は、そうですよね。でもヨーロッパツアーの場合、ユーロで共通化されてるから、そこは楽じゃないですか??

  • HARUNA:ユーロ圏でも、国によっては通貨がユーロでなかったり、そもそもユーロを使ってない国も欧州圏にはあるので、意外と大変です。何より困るのが、世界何処の国でも同じですが、小銭を残しちゃうと両替ができないから、各国の硬貨が手元に残って溜まってしまうことなんです。
  • TOMOMI:残った小銭は次の機会まで取っておこうとも思うんだけど、たまるとけっこう嵩張る、できればその国ごとに使い切りたいんです。Sony Bank WALLETをつかうとその心配はなくなるし、楽だなと思いました。
  • RINA:今年の春にイベントと駅伝出演のためハワイへ行ったときや、アジアツアー中に、海外へ足を運ぶたびにクレジットカードやデビットカードを使える場所やお店が増えているなと感じました。各地でカードが使えないような町のお店や屋台もありますが、Sony Bank WALLETはATMで現地で引き出せるから余計な大金を持って歩くことも、それを心配する必要性もないから便利だなぁと思ってる。

海外へ行くと財布の中へつい多めにお金を入れてしまうように、大金を手に街を歩くのは不安ですからね。

  • RINA:大金を持って知らない街を歩くのって、ちょっと不安です。だけど、このカード1枚があると安心だし安全だなと思います。しかもこのカード、デザインもすごく可愛い!!

TOMOMI
TOMOMI

その国の食や文化に触れることでその国の魅力を感じられるからこそ、
食事も積極的に挑戦しています。

これまでにもSCANDALは、全米/アジア/欧州とさまざまな国でライブを行い続けてきました。いろんな国の文化、行くたびに味わってます??

  • RINA:食事も、各国のローカルフード(地元食)を味わっています。ドイツに行ったときにも、いろんな種類のソーセージやドイツビールを味わえば、トルコのイスタンブールへ行ったときには、朝食でプレートの上にたくさんのヨーグルトが綺麗に盛りつけられて出てきたんですね。私たち、それまでトルコでは毎朝ヨーグルトを食べるのがスタンダードなことを知らなかったから、そこで初めて教わったり。どこの国でも、そう。行くことで学べることは今でも沢山あるから、それが楽しいです。

みなさん、好き嫌い無く食べてます??

  • HARUNA:いろんな食に触れることも、その国の文化や習慣を知ることにも繋がるから、好き嫌いという気持ち以前に、今や、その国ごとのいろんな料理に挑戦しようという好奇心のほうが強いですね。
  • TOMOMI:よく「海外ツアーも周っていてほとんど行ってるんじゃない?」と聞かれますけど、まだまだ足を運んでない国はたくさんあります。アジア一つを取っても、いまだに中国本土には一度も足を踏み入れてないので、もっと積極的にいろんな国でライブをしたいですね。

MAMI
MAMI

今や、世界中のいろんな国のファンたちからリアクションがあるんでしょ。

  • RINA:今はSNSを通して世界中のファンの人たちと繋がれますからね。自分たちが予想もしていなかった国の人たちからリアクションやメッセージをいただくことで、「ここにもSCANDALを応援してくれている人たちがいるんだな」と嬉しくなることばかりです。

どこの国でも、ライブに於ける盛り上がりは凄いと耳にしました。

  • RINA:国内の場合は毎年のようにツアーを周っているので各地の待っていてくれるファンの人たちに会いに行けますけど、海外はそれに比べると頻繁に周れるわけじゃないぶん、足を運んだときの各国の熱量の高さには、毎回嬉しい驚きを感じさせられます。
    今年も、最新アルバム『YELLOW』を手に、先にアジア各国でライブを演ってきたんですけど、「お客さんの層がガラッと変わってきたな」と感じました。会場の規模も大きくして、より幅広い層の方々が来てくれたのもあると思いますが、楽曲のリアクションが変わったなと感じることも多かったですね。

どんな風に違ってきているのか興味深いです。ぜひ、教えてください。

  • RINA:以前は、自分たちがアニメの主題歌を歌わせていただいてたり、その系統のフェスティバルに多く出演させていただいていた経験もあったから、アニメが好きな方からの反響が多かったです。もちろん、今でもその当時から好きでいてくれる人はいるんですけど。最近、海外公演を演ってて日本と同じようにティーンの女の子たちもたくさんライブに来てくれるようになったなと感じます。

そういう子たちに共鳴する音楽性を提示していることが大きいのでしょうか??

  • RINA:私たちは、つねに「等身大の自分たちの姿を楽曲に投影」していけば、国内外関係なく、「日本で演っているスタンスのままに表現」してきたし、その姿勢は今後もずっと変わらない。その姿勢にシンパシーを感じてくれたのかな!?もちろん、「楽曲が好き」と言ってくれる人たちも多いから、そこに共鳴してもらえているのが本当に嬉しいんです。

RINA
RINA

音楽は言葉の壁を超えるけど、言葉を通したコミュニケーションも大切なこと。
今は、英会話も勉強をしています。

今のSCANDALにとって、海外も活動していくうえで大切な場所になっていませんか??

  • MAMI:大切な場所であるのはもちろんですけど、それ以上に、海外公演を行うたびに自分たちへ新しい刺激が加わっていくから、過去の公演も含め、海外ツアーはSCANDALにとっていろんなターニングポイントになってきたなという印象です。
    具体的に言うなら、インディーズ時代に初めてアメリカをツアーしたときに、ライブパフォーマンスに於ける土台を作りあげることができたし。最近で言うなら、昨年初めてワールドツアーを行い、そこで培った経験や刺激を『YELLOW』というアルバムに反映させられた。今年も、10周年というタイミングで9月から初のヨーロッパツアーを周ったり、海外公演は常に、バンドへいろんな節目となる刺激を与えてくれているなと感じます。

それくらい、大切にしていきたい場所なんですね。

  • MAMI:「待ってる」という声を届けてくれる人たちのもとには行きたいじゃないですか、その気持ちはずっと変わらずに持ってるし、これからも持ち続けます。
  • RINA:海外でSCANDALを応援してくれてるファンの人たちの中には、日本語を勉強しては歌詞を読み解いたり、日本語でメッセージやファンレターを送ってくれる人たちが多いですね。しかも、日本語を勉強しているうちに日本にも興味を示してくれたり。

今はSNSを通して気軽にメッセージもできますからね。だけど、たまに読めない言語のメッセージも届きません??

  • MAMI:母国語も交えつつ、日本語でメッセージを送ってくださるんですよ。

メンバー自身、日本語以外はどの程度しゃべれるんですか??

  • TOMOMI:英語を勉強中です。
  • RINA:MAMIが英会話を習っていて、私はフランス語の学校に通って学んでいます。

音楽は言葉の壁を超えるけど、言葉を通したコミュニケーションも大切ですからね。

SCANDAL

PHOTO: 草刈雅之 TEXT: 長澤智典

LIVE情報

SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW” IN EUROPE

ヨーロッパでの単独ツアーが決定!

  • 9月10日(土) : Amsterdam, Netherlands
  • 9月13日(火) : Cologne, Germany
  • 9月14日(水) : Hamburg, Germany
  • 9月16日(金) : Wroclaw, Poland
  • 9月17日(土) : Wien, Austria
  • 9月18日(日) : Milano, Italy
  • 9月20日(火) : Marseille, France
  • 9月21日(水) : Barcelona, Spain
  • 9月24日(土) : London, United Kingdom
  • 9月25日(日) : Paris, France

SCANDAL MANIA TOUR 2016

全国7ヶ所をまわるファンクラブツアーの開催が決定!

  • 10月30日(日) : MACANA(宮城県)
  • 11月03日(木) : Zepp DiverCity Tokyo(東京都)
  • 11月05日(土) : HIROSHIMA CLUB QUATTRO(広島県)
  • 11月06日(日) : BEAT STATION(福岡県)
  • 11月12日(土) : なんばHatch(大阪府)
  • 11月13日(日) : Zepp Nagoya(愛知県)
  • 11月27日(日) : DUCE Sapporo(北海道)

SCANDAL オフィシャルサイト

旅をもっと楽しく、もっとスマートに。

Sony Bank WALLET

世界200以上の国と地域で
ショッピングできるほか、
海外ATMから現地通貨を引き出せる
ソニー銀行の
Visaデビット付キャッシュカードです。

Sony Bank WALLET のお申し込みには、
ソニー銀行の口座開設が必要です。

年会費無料 24時間申込受付中

口座をお持ちでないかた

口座をお持ちのかた

  • ※ログイン後直接お申し込み画面が表示されます。