Sony Bank WALLET × 96猫

ネットの動画投稿をきっかけにアーティストデビューし、その変幻自在な歌声で多くのファンを魅了している96猫。好評発売中の最新2枚組アルバム『O2O(オー・ツー・オー)』には、ネットとリアルを行き来する96猫の魅力が詰まっている。アニメ界からも注目を集め、上海や台湾などの海外公演も精力的に展開。そんな彼女の音楽ライフや海外でのカードライフに迫りました。生粋のゲーマーでもある彼女は Sony Bank WALLET に興味しんしん。大好きなゲームやアニメについてもたっぷり語ってくれました。

Profile

ツイッターフォロワー数、約120万!動画共有サイトで人気の女性シンガーが遂にデビュー!
色っぽい女性の声や、少年声など七色の歌声を持ち合わせており、
その中性的な歌声がリスナーを惹きつけ、若い女性を中心に支持されている。
精力的に動画投稿と生放送を行っており、ニコニコ動画とYouTubeの動画累計再生数は1億回を超える。

1. meet “Sony Bank WALLET”

普段のお買い物はクレジットカード派ですか? 現金派ですか?

96猫 あんまり現金を持ち歩きたくない人なので、カードで買うことが多いですね。でも、たとえば音楽の機材とか、高額のものは事前に下ろしてキャッシュで支払います。後から大金を引き落とされるのが怖くて…。ゲームが好きで、以前『ラブライブ!』にハマって課金しまくっていたんです。そのときの請求額がすごくて、青ざめたことがあって(笑)。それがトラウマで、カードの利用限度額を下げましたもん。

Sony Bank WALLET についてはどう思われましたか?

96猫 便利なうえに、おトクな特典がいっぱいあるんですね。普段からネットでゲームを購入することが多いので、PS Storeでのお買い物が2%キャッシュバックされるなんて本当に魅力的。クレジットカードだとポイントの特典があったりするけど、私の場合、ちゃんと確認しないまま有効期限が過ぎてたりするので。それよりも、戻ってきたお金で好きなものを買えるほうが嬉しい。15歳から利用できるというのもいいですよね。ちょうど課金を覚える年齢じゃないですか(笑)。

カードのデザインについての感想も聞かせてください。

96猫 ストライプのはとてもスタイリッシュで、バリバリ働く大人の方が持っていたらカッコいいですよね。かわいいピンクのカードは若い世代の女の子が好きそうな気がします。でもゲーマーの私としては、やっぱりPlayStationデザインが一番好きかもしれない。これ、今すぐ欲しいです!(笑)

96猫さんは台湾や上海などでもライブをされています。海外でのお買い物はどのようにしていますか?

96猫 まず現地の空港で、1万円くらい両替しています。滞在中は自由時間があまりなかったりするので、それぐらいで十分かなと。でも洋服を買ったりとか、手持ちの額を超える場合はクレジットカードを使っています。基本は現金でなんとかなっていますが、余った小銭は困りますね。今は各国の通貨をごちゃごちゃにして置いてあるんですけど、あれはどうしたものかと…。あと、向こうでは言葉が通じないから、両替の窓口の人とかお店の人とやりとりするのが大変で。いつもスマホの翻訳機能を使いながら、あたふたしてるんです(笑)。

Sony Bank WALLET があれば、そんな問題も解消されます。

96猫 そうですよね。私みたいにシャイな人こそ持つべきかもしれない。日本では全然ベラベラ喋るけど、海外だとどうしても人見知りしちゃうので。何も言わずスッとカードを出して、スムースに買い物できるのはいいなあ。

海外ではどんなものを買いましたか?

96猫 5年くらい前に、台湾の夜市に行ったことがありまして。そこでかわいい服がいっぱい売っていて、しかもすごく安かったので、ここぞとばかりに大量買いしました。20〜30着、日本円にして3万円くらいだったかな。そこで初めてクレジットカードを使ったんです。当時まだ未成年で、カードを持つことがカッコいいと思ってる年頃だったので。ちょっと怖いなと思いつつも、激安の服に目がくらんで「これはカードを使わねば!」と(笑)。

食べ物で印象に残っているものは?

96猫 台湾のタピオカドリンク。もともと大好きで、初めて台湾に行ったとき、真っ先に本場のタピオカドリンクを買いに行こうと思っていたら、イベント会場の楽屋に用意されていたんです。日本で売ってるやつの2倍くらいのサイズなんですけど、ほかの出演者さんで飲まない方もいたので、3杯いただいちゃいました。幸せでした〜(笑)。亀ゼリー入りのタピオカドリンクとかもあったけど、なんか薬っぽい味がして…。やっぱりスタンダードが一番おいしかった。以来、台湾に行ったときは必ず食しています。もうタピオカさえあれば満足ですね。

2. meet “96猫”

好評発売中の最新アルバム『O20』はTVアニメ「クズの本懐」の主題歌『嘘の火花』やTVアニメ「影鰐-KAGEWANI- 承」の挿入歌『Crimson Stain』などを収録した“オリジナル盤”と、ニコニコ動画で話題の『シャルル』や『ハロ/ハワユ』などをカバーした“歌ってみた盤”の2枚組。『O2O』というタイトルにはどんな意味がこめられていますか?

96猫 これは「Online to Offline」という意味です。つまり、歌ってみた盤がネット上で活動する96猫、オリジナル盤がリアルで活動している96猫。そのふたつの側面を楽しんでいただけるようなアルバムになっています。

オリジナル曲とカバー曲、それぞれ歌うときに心がけていることなど違いはありますか?

96猫 歌にこめる気持ちは、どちらも同じですね。私は自分で作詞作曲をしているわけではないので、オリジナル曲とはいえ「歌わせていただいている」という意識があるんです。なのでオリジナルもカバーも変わらず、まず楽曲の世界観があって、そこに自分の捉えた世界観を織り交ぜて歌っているという感じです。

96猫さんの魅力といえば、中性的な歌声。色っぽい女性の声から少年声まで「七色の歌声」と評されるように、楽曲によって別人のような印象を受けます。その歌声はどのように使い分けているのでしょうか?

96猫 意識的に使い分けをしてるわけではなくて。私の場合は、曲を聴いて、たとえばアイドルっぽい曲だなと思ったら、自分の中に自分自身とは別のアイドルみたいな女の子のキャラクターを作って、その子に声をあてるイメージで歌ってるんです。そのキャラが曲によって変わるから、なんていうか、多重人格みたいな(笑)。それこそ「七色の歌声」とか「多声類」とか言われますが、自分では声を使い分けてる感覚ってないんですよね。だから普通に喋ってて「あの曲の声をやってください」と言われても「それってどんな感じ?」ってなっちゃうんです。

多くの歌い手さんがカバーしている楽曲の場合、歌い方が影響されることはないですか?

96猫 私は自分がカバーしたいと思った曲は、ほかの方のバージョンをいっさい聴かないんです。ボカロは良くも悪くも機械的なので、影響されにくいのですが、人間のボーカルはやっぱりその人なりの歌い方があるので、どうしてもそこに引っ張られてしまう気がして。「この人はこれで完成されてるな」と思ったら、歌う気をなくしちゃうんですよね。なので私は自分が歌うまではシャットアウトして、録り終わってから、いろんな人のカバーを聴きまくってますね。

音楽制作にライブにとお忙しい中でも、精力的に動画投稿をされていますよね。デビュー前と変わらずネットでリスナーに発信し続けることは、ご自身にとってどんな価値があるのでしょう?

96猫 動画投稿は楽しいからやってるんですよね。学生時代から好きで、気分でやりたいときにやっていたので、今もそのペースは変わってなくて。でもCD制作とかライブは「ただ楽しいから」だけじゃできない。お金を払って聴いていただくのだから、責任をもって取り組まなきゃいけないし、気合いを入れて良いものを作らなきゃって力んじゃう部分もあるんです。それで「自分の個性って何だろう?」と迷っていた時期もあったのですが、それが歌に出ていたのか、リスナーの方に「96ちゃん最近、歌い方変わったね」と言われたりして。でもその後、気分転換に何も気にせず歌ってみようと思って、動画を投稿したら「歌い方が戻った」と言われたんですよ。そのとき、リスナーの方ってよく見ててくれてるんだなあと改めて実感しました。

そんなリスナーとの距離の近さは、ネットで活動する歌い手さんならではのような気がします。

96猫 そうですね。この界隈って、歌い方をマネて、マネられて、というのが多いと思うんですよ。動画でいろんな人の歌い方を見てると、その人がどの歌い手さんを好きなのかっていうのが顕著に出ていたりするから。私は声優さんが大好きなので、どうしてもアニメ寄りな声の出し方になっちゃうんですね。だからいまだにプロのアーティスト感みたいなものはないかもしれない。それでもこれが自分には一番合っているし、エンターテインメントのひとつのかたちとして、自分にできることをしようかなと思っています。

ライブパフォーマンスで大切にしていることは?

96猫 けっこう自由に動いてるかもしれない。振り付けとか決めないし、MCもほぼフリートークで、ネットの生放送をやってるノリで喋っちゃいます。バラードの後に「はあ、疲れた」とか普通に言っちゃうし(笑)。

決めちゃうと緊張する?

96猫 そうなんです。ほかのアーティストさんのライブを見てると、ガチガチに決めてるほうが見え方としてはカッコよかったりするけど、私がそれをやると変に力んでしまうんですよね。だから環境を用意してもらって、セットリストを決めたら、あとは自由でいいのかなって。なにぶん外に出たくない性分なので、できればステージ上で大きなモニターに映像を流して、その裏で歌いたい(笑)。それでMCのときだけお客さんと会話するみたいな。そういうライブも楽しそう。

ライブなのにリアルな姿を見せないって新しい。

96猫 本来はずっとネットにこもっていたい人なので(笑)。私、実はライブとかイベントが苦手で。準備してる期間が精神的に一番きつくて、日が迫るほど「もうすぐかあ…どうしよう…」って不安になるんです。それが本番になると全部吹っ飛んで、全力で楽しんじゃうんですけどね。その時間は最高に幸せ。でも終わった後は「あそこ失敗しちゃったな」とか反省ばかりで、恥ずかしくなっちゃう。だからライブ後にtwitterとか見るのが怖くて。

エゴサーチするんですか?

96猫 めっちゃします。だからライブ後に「エゴサするから、みんなつぶやき気をつけてね」ってつぶやいてます(笑)。ネガティブな内容でも、ちゃんと意見としてご指摘いただいたことは受け止めるけど、暴言みたいなのがあったりすると、部屋の隅で縮こまりたい気分になっちゃう。もちろん「ライブよかったよ!」という感想もたくさんいただくので、エゴサで励まされてもいます。

日本と海外では、ファンの反応など違いを感じますか?

96猫 海外の方はライブをあまり見慣れてないからか、すごくテンションが高いですね。日本のお客さんはどちらかというと周りを見て、みんなが歌っていたら自分も歌う、という方が多いような印象がありますが、向こうのお客さんは自分が歌いたければ歌うし、それぞれ自由に楽しんでくれている感じがします。「誰よりも俺が目立つ!」みたいなノリで、私よりも声が大きかったりして、演奏が聴こえないことも(笑)。でもそれを受けて、こっちもテンション高まって、リハーサルよりでかい声が出たりとか。そういう相乗効果もあって面白いですね。

海外公演で驚いたことは?

96猫 みんな私より日本語が上手だった(笑)。MCのとき、日本語は通じないだろうなと思って、たどたどしい英語で「ハロー、アイム、クロネコ」とあいさつしたんです。そしたら客席から流暢な日本語が返ってきて。「え、日本語わかるの?」「わかるよー!」「じゃあ英語喋らんでよくない?」みたいな。結局、普通に日本語でMCしました(笑)。やっぱり日本の文化を好きな人が多いから、いろんなアニメや音楽を通じて日本語を覚えたり、そういう中で96猫を知ってくれたんだなって思うと、すごく嬉しいですね。

今後チャレンジしたいことはありますか?

96猫 ネットでの歌の活動はもちろん、大好きなアニメやゲーム関係のお仕事も頑張っていきたいです。最近はアニメの音楽だけでなく、声優などもやらせていただいてるので、これからもいろいろチャレンジしていきたいなと思います。

3. meet “Game & Anime”

ゲームを購入するときはパッケージ派ですか? それともダウンロード派?

96猫 以前はパッケージ派でした。手元にあるのが嬉しくて。でもどんどん増えていくから置き場に困り始めて、最近はダウンロードがメインですね。パソコンで遊ぶことが多いので、PCゲームの配信ツール「Steam」はよく利用しています。

好きなジャンルやお気に入りのゲームタイトルがあれば教えてください。

96猫 私はもっぱらシューティング系で、FPSとかMMORPGが好きです。PlayStationだと「オーバーウォッチ」と「ファイナルファンタジー14」。ここ最近はずっと「コールオブデューティ ワールドウォー2」をやっています。

普段はどんなときにゲームをしますか?

96猫 どんなときも!(笑) 仕事しているとき以外はほぼゲームですね。自宅にいるときは、歌かゲームか猫か、みたいな感じです。ゲームしてると無心になれるんですよね。私がすごい集中してると、たまに猫がモニターの前にドーンと座って邪魔してくるので、「ちょっとしっぽで見えないよ〜」とか言いながらやってますけど。うちの猫は、自分がかまってほしいときは爪たてて引っ掻いてくるんですよ。そうなったらゲームはひとまず置いといて、猫と遊びます。もし自分が猫だったら、片手間で相手されるのはせつないなって思っちゃうから(笑)。

初めて買ったゲームを覚えてますか?

96猫 小学生のとき、スーパーファミコンの「上海」が最初だったかな。それまでゲームボーイに夢中で、あまりにもやってるから、母親に「お母さんにもできそうなゲームってないの?」と言われたんです。それで初めて自分で買ったのが麻雀ゲームの「上海」でした。子どもなりに考えて、難しい文字がいっぱい並んでるやつなら親でも楽しめるかなって思ったんでしょうね(笑)。これが想像以上に面白くて、自分のほうがハマっちゃって。その後はいろんなパズルゲームとか、「マリオ」シリーズもひと通りやりました。そして「FF」でオンラインゲームにドハマリしちゃいましたね。

オンラインゲーム友達もたくさんいるのでは?

96猫 そうですね。ゲームを通じて知りあって、リアルにごはん行ったりする友達も何人かいます。みんなでゲームカフェ行って、カードゲームして遊んだりとか。オンラインでも、オフで集まっても、結局ゲームばっかしてる(笑)。

ゲーム内課金はよくしますか?

96猫 かなりつぎ込んでいた時期もあったけど、最近はやりすぎないように心がけてます。課金するとしても3万円まで。なぜかというと、前に携帯を水没させたことがあって。課金しまくっていた「ラブライブ!」のデータが全部消えちゃったんです。コードを控えていれば復活できたのに、私はそれを携帯にメモっていたものだから、どうにもならず…。本当にすべてが消えたので、家が一軒なくなったくらいショックでした。今までの苦労はなんだったんだろうって(苦笑)。それを反省して、今は課金に関しては自制しつつやっています。

「ラブライブ!」はアニメから入ったのですか?

96猫 私はそうでした。もちろんキャラクターとかストーリーも面白いけど、曲がすごくいいんですよね。だからまず音楽から入って、これが音ゲーからのアニメ化だと知って、ゲームにハマっていったという感じです。

アニメはどんな作品が好きですか?

96猫 けっこう幅広く見ますが、とくにミステリー系が好きです。たとえば「東のエデン」や「PSYCHO-PASS サイコパス」など。アニメを見ながら自分で謎をひもといていくのが楽しいですね。最近は少し過激なアニメも見れるようになってきました。FPSをやって耐性がついてきたみたい(笑)。バトル系はもちろん好きだし、「ハイキュー!!」などの青春モノも、「プリキュア」などの少女アニメも、ラノベ系アニメも好き。どのジャンルにも当たり外れはあるんですけど。

厳しい目で見てますね。こだわりが強そう。

96猫 アニメ好きな人って、評論家目線で見る人が多いから(笑)。自分はそこまでではないけど、ジャッジは厳しいです。作品によっては、初見ではよく理解できなかったけど、見ていくうちに意図がわかってきて「そういうことだったのか!」と腑に落ちたりする。だから私は何回も見ちゃう人ですね。

それだけアニメ大好きな自分が人気作品の主題歌や挿入歌を歌うのはどんな気持ちですか?

96猫 それはもうすごく嬉しくって、鳥肌が立ちました。と同時に、やっぱり怖かったです。ずっといろんなアニメを見てきて、好きなテーマ曲があり、そうでもない曲もある中で、自分が歌ったらどう思われるんだろう…って。それまで軽い気持ちで「今期の曲はあんまり好きじゃない」とか言ってた自分を反省しました(笑)。やっぱりアニメの世界観に寄せて書き下ろされたものが多いので、今はもう曲の好き嫌いだけでは判断せず、歌詞とかもちゃんと見るようになりました。今後もアニメには携わっていきたいですし、見る側としても発信する側としても楽しんでいきたいなと思います。

アルバム情報

O2O

O2O

2017.10.11発売
アルバム
¥2,980+税
SRCL-9537 〜 SRCL-9538

96猫待望のフルアルバム!“オリジナル盤” “歌ってみた盤”の豪華2枚組!

96猫待望の1stフルアルバムが完成!!
“オリジナル盤”と“歌ってみた盤”の豪華2枚組仕様。
オリジナル盤には人気アニメ「クズの本懐」のOPテーマとして話題となった「嘘の火花」をはじめ、「影鰐-KAGEWANI-承」の挿入歌「Crimson Stain」などのタイアップソング満載!
歌ってみた盤にはナノウ「ハロ/ハワユ」やOrangestar「アスノヨゾラ哨戒班」などやニコニコ動画などで話題の楽曲を多数収録。

オフィシャルサイト

ゲームライフを
もっと楽しく、もっとおトクに

PlayStation™Storeのお買い物がいつでも2%キャッシュバック!

PlayStation®デザインの Sony Bank WALLET の詳細・お申し込みはこちら

世界200以上の国と地域で
ショッピングできるほか、
海外ATMから現地通貨を引き出せる
ソニー銀行の
Visaデビット付キャッシュカードです。

Sony Bank WALLET のお申し込みには、
ソニー銀行の口座開設が必要です。

年会費無料 24時間申込受付中

口座をお持ちでないかた

口座をお持ちのかた

  • ※ログイン後直接お申し込み画面が表示されます。