ホーム外国為替証拠金取引(FX) > 注文が約定しやすくなる方法をご存知ですか?

FXの注文が約定しやすくなる方法をご存知ですか?

外国為替証拠金取引(FX) 注文が約定しやすくなる方法をご存知ですか?

FXの「ストリーミング注文」では、「スリッページ許容幅」を上手に設定することで、注文の約定確率が上がることをご存知でしょうか。
スリッページ許容幅の設定方法やその効果を紹介させていただきます。

どれくらい約定しやすくなる?

スリッページ許容幅とは、お客さまがストリーミング注文を発注した後、ソニー銀行で約定処理をするまでのわずかな時間にレートが変動した場合に、何銭までなら発注価格より不利なレートでも約定させるか、を決めておくしくみです。
仮にスリッページ許容幅を「1銭」で設定にした場合、どれくらい約定しやすくなるのか見てみましょう。

  • ※データは、2017年1〜3月のストリーミング注文のお取り引き実績です。

スリッページ許容幅 0pipの場合
(スリッページを許容しない)

スリッページ許容幅 0pipの場合のグラフ

スリッページ許容幅 1pipの場合
(1pip=1銭を意味します)

スリッページ許容幅 1pipの場合のグラフ

このように、スリッページ許容幅を0から1pipに変えるだけで、注文が約定する確率は大幅に上がることがわかります。

スリッページ許容幅と約定/失効の関係

なぜ、スリッページ許容幅を広げると約定しやすくなるのでしょうか?
以下の例で確認してみましょう。

■スリッページ許容幅=0pipで買いのストリーミング注文を発注する場合
  • 発注価格
    100.000スリッページ許容幅
    0pip
  • →
  • 約定処理時点の価格
    100.003 発注価格より不利なので失効
    100.000 100.000円で約定
    99.996 発注価格より有利なので99.996円で約定
■スリッページ許容幅=1pipで買いのストリーミング注文を発注する場合
  • 発注価格
    100.000スリッページ許容幅
    1pip
  • →
  • 約定処理時点の価格
    100.015 許容幅(1銭)を越えて不利なので失効
    100.003 許容幅の範囲内なので100.003円で約定
    100.000 100.000円で約定。
    99.989 発注価格より有利なので99.989円で約定。

このように、スリッページ許容幅を広げておくことで、ストリーミング注文の発注後にわずかなレート変動が発生した場合に、約定価格は若干不利になる場合がありますが、注文が約定する確率を高めることができるのです。

スリッページ許容幅はどうやって設定する?

スリッページ許容幅はストリーミング注文の注文画面で設定することができます。また、Standard版、スマートフォン版の「発注設定」やLight版の「注文パターン設定」でスリッページ許容幅の初期設定を行うこともできます。

Standard版

Standard版 イメージ

Light版

Standard版 イメージ

Standard版 発注設定画面

Standard版 イメージ

スリッページ許容幅を上手に設定することで、意図したタイミングでお取り引きが成立しやすくなります。「せっかく注文してもよく失効するので困っている」というお客さまは、ぜひご検討ください。