ホーム商品一覧外国為替証拠金取引(FX) > リスクについて

リスクについて

イメージカット

外国為替証拠金取引(FX)にはさまざまな魅力があると同時に、想定されるリスクがあります。リスクを理解して、コントロールしながらお取り引きすることが重要です。

ここでは、外国為替証拠金取引(FX)に関係する代表的なリスクをご説明します。

外国為替証拠金取引(FX)に伴うリスク

為替変動リスク

外貨投資では、為替相場が予想に反して変動すると為替差損が発生するリスクがあります。
外国為替証拠金取引(FX)では、買いからお取り引きをはじめた場合は円高に進んだ際に、売りからお取り引きをはじめた場合は円安が進んだ際に為替差損が生じます。

なお、外国為替証拠金取引(FX)には、損失を抑えるための機能(ロスカットなど)もありますが、急激な為替変動が起きた場合には、想定よりも大きな損失が発生するリスクがあります。

金利変動リスク

外国為替証拠金取引(FX)ではスワップポイントが付きますが、スワップポイントの水準は各通貨の金利に連動します。金利は各国の景気や政策などによって変動するため、スワップポイントの水準は随時見直されます。

また、一般的に金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うお取り引きではスワップポイントが得られますが、金利水準が逆転すると、スワップポイントを負担(支払い)しなければならなくなることもあります。

流動性リスク
流動性の低い通貨は、マーケットの状況により、金融機関の営業時間内であってもレートの提示ができず、取り引きが困難になったり、不可能になる場合があります。
レバレッジリスク
外国為替証拠金取引(FX)では、レバレッジにより預入証拠金より大きな額のお取り引きができますが、為替相場や金利が予想に反して変動した場合は、レバレッジの効果により、損失額が大きくなるリスクがあります。

その他のリスク

信用リスク
預入証拠金などお客さまからお預かりした資産を、信託保全する前に金融機関に不測の事態が生じた際には、お取り引きが終了したり、証拠金の全部または一部が返還されない可能性があります。
システムリスク
インターネットを介したお取り引きであるため、口座番号やパスワードなどの情報が漏えいした場合、第三者が悪用することによって損失が発生する可能性があります。またシステム障害や通信障害などによって、お取り引きできない場合があります。
税務リスク

個人が行った店頭外国為替証拠金取引で発生した益金(売買による差益およびスワップポイント収益)は「雑所得」として申告分離課税の対象となり、確定申告をする必要があります。
その損益は、差金等決済をした他の先物取引の損益と通算でき、また通算して損失となる場合は、一定の要件のもと、翌年以降3年間繰り越すことができます。
税率は以下の通りです。

■2037年12月31日まで
税率20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)
また、将来、税制が変更された場合、外国為替証拠金取引(FX)が影響を受ける可能性があります。