ホーム商品一覧外国為替証拠金取引(FX) > スワップポイント

スワップポイント

外国為替証拠金取引(FX)は為替レートの変動に伴い生じる損益のほか、日々発生する「スワップポイント」による損益も生じます。

スワップポイントは建玉を保有していることに対して生じる一種の金利ですが、外貨預金における金利とは異なり、お客さまが受け取る場合もある反面、逆にお客さまが支払わなくてはならない場合もありますのでしっかり理解を深めておきましょう。

そもそもスワップポイントとは

イメージカット

お客さまが外国為替証拠金取引(FX)で、円を売って米ドルを買った(米ドル/円の通貨ペアで買いの建玉を保有する)場合を考えます。

これは証拠金をもとに「円を借りて」、「米ドルを購入した」状態なので、借りた円の金利を支払う必要がある一方、買った米ドルの金利を受け取る権利があることになります。

この2通貨の金利差を調整したものがスワップポイントです。ここで右の図のように円の金利よりも米ドルの金利の方が高ければ、受け取るべき金利の方が上回るため、お客さまはスワップポイントを受け取ることとなります。

金利は国ごとに異なるため、2通貨間の金利差にあたるスワップポイントも交換する通貨の組み合わせにより異なります。また、金利の変動などに伴い、日々のスワップポイントも変わります。

なお、スワップポイントは証拠金の額ではなく、お取り引きしている額(ポジション)に対して付与されるため、証拠金の額が10万円であろうと20万円であろうと、保有しているポジションが10,000米ドルであれば、10,000米ドルに対してスワップポイントがつきます。

受け取るケース、支払うケース

先ほどの例ではお客さまの受け取りとなりましたが、逆にお客さまが支払わなくてはいけない場合も起こるのがスワップポイント。

スワップポイントの受け取りとなるか、支払いとなるかは通貨ペア間の金利差によって決まります。
高金利通貨の買いから取り引きを始めた場合(高金利通貨のロング)は受け取りとなる一方、高金利通貨の売りから取り引きを始めた場合(高金利通貨のショート)は逆に支払いが発生しますので、この点には十分な注意が必要です。

受け取るケース、支払うケース サンプル画像

計算のタイミング、確認方法

スワップポイントはお取り引き日の日本時間午前6:55(米国夏時間の場合は午前5:55)に保有している建玉に対して計算されます。

なおスワップポイントは金利や為替の動向で随時変更されるため、建玉を保有している間にプラスからマイナスに転じる場合もありますのでご注意ください。

日々の実際のスワップポイントの金額はお取り引き画面の「スワップポイント情報」でご確認いただけます。

スワップポイント情報 サンプル画像

受け取りが続くと嬉しいスワップポイントですが、逆に支払いが長期間続くとお客さまにとって大きな負担になります。売買の結果為替差益が得られても、スワップポイントの支払いが利益を相殺してしまうことも起こりえます。長期間建玉を保有する場合は特に日々のスワップポイントの受け取り・支払いを確認しておきましょう。





ソニー銀行ロゴ


Copyright Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © So-net

EN15113017