ホーム外国為替証拠金取引(FX) > はじめての外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(FX)

はじめての外国為替証拠金取引(FX)

近年、米ドル・ユーロなどの外貨に投資する資産運用、いわゆる外貨投資が注目を集めています。

中でも円高・円安といった為替レートの値動きを利用して、積極的に収益を追求したいかたの人気を集めているのが「外国為替証拠金取引(FX)」。

外貨投資としては海外の通貨を預金として保有する「外貨預金」がポピュラーですが、外国為替証拠金取引(FX)には外貨預金とは大きく異なる以下2つの特徴があります。

  1. 「レバレッジ効果」により
    何倍もの額の取引ができる

    「レバレッジ効果」により何倍もの額の取引ができる イメージ
  2. 円高・円安、どちらの局面でも
    収益を追求できる

    円高・円安、どちらの局面でも収益を追求できる イメージ

レバレッジ効果により何倍もの額の取引ができる

たとえば5万円の資金を保有している場合、外貨預金なら5万円相当の外貨を買うことしかできませんが、ソニー銀行の外国為替証拠金取引(FX)なら5万円を「証拠金」として預けることにより、最大この20倍にあたる100万円相当の外貨を取引することができます。

このように小さな証拠金をもとに大きな額の取引を行うことを、テコを意味する言葉になぞらえて「レバレッジ効果」と呼びます。

5万円の証拠金で10万円の取引をすることをレバレッジ2倍、50万円の取引ならレバレッジ10倍、100万円の取引ならレバレッジ20倍となります。

ソニー銀行のFXでは最大レバレッジ20倍までの取引が可能ですが、レバレッジが大きくなればなるほど大きなリターンを期待できる一方、為替レートが思惑とは反対に動いてしまった時の損失も大きくなってしまう点には注意が必要です。

円高・円安、どちらの局面でも収益を追求できる

外貨預金の場合、1米ドル=100円の時に米ドル預金を始めたとすると、為替レートの値動きによる収益(為替差益)が得られるのは1米ドル=110円、120円…というように、為替レートがドル高・円安に進んだ場合に限られます。

仮に1米ドル=90円、80円…とドル安・円高が進んでしまった場合は、逆に為替差損が発生してしまいます。

これに対し外国為替証拠金取引(FX)なら「外貨の買い」だけではなく「外貨の売り」から取引を始めることもできるので、米ドル高・円安、米ドル安・円高方向、どちらの局面でも収益機会があります。

こう書くと「外貨の売り」から取引を始める、という部分にピンとこないかたが多いかもしれませんね。

  • 買いからはじめる取引 = 買ったものの値段が上がり、高く売ると利益があがる
  • 売りからはじめる取引 = 売ったものの値段が下がり、安く買い戻すと利益があがる

これを外貨、たとえば米ドルにあてはめて考えると

  • 米ドル買いからはじめる取引= 買ったときよりも米ドル高(円安)の時に売ると利益があがる
  • 米ドル売りからはじめる取引 =売ったときよりも米ドル安(円高)の時に買い戻すと利益があがる

ということになります。なお外貨の買いからお取り引きをはじめることを「ロング」、外貨の売りからお取り引きをはじめることを「ショート」と呼ぶ場合があります。

米ドル買いからお取り引きをスタート(ロング)
  • 円安が進む→為替差益が得られる
  • 円高が進む→為替差損が生じる
米ドル売りからお取り引きをスタート(ショート)
  • 円安が進む→為替差損が生じる
  • 円高が進む→為替差益が得られる

 イメージ

なお、「5万米ドルの買いからお取り引きをスタート(ロング)」や「10万ユーロの売りからお取り引きをスタート(ショート)」というように、証拠金をもとに新たに取り引きすることを「新規取引」と呼びます。

新規取引の結果、保有することになった通貨を「建玉(たてぎょく)」(または「ポジション」)と呼びます。
一般には買いからお取り引きをスタートした建玉は「買い建玉」(買いポジション)、売りからお取り引きをスタートした建玉は「売り建玉」(売りポジション)と呼ばれます。

これら手持ちの建玉はその後に「決済」もしくは「手仕舞い(てじまい)」と呼ばれる反対売買(買い建玉の場合は売り、売り建玉の場合は買い)を行うことで解消し、お取り引きを終了させます。

ソニー銀行の外国為替証拠金取引(FX)

取引通貨ペア

為替レートとは、2つの通貨によって決定されるもの。例えば私たちが日頃無意識に使っている「1米ドル=120円」という為替レートは、米ドルと日本円という2つの通貨によって成り立っており、外国為替証拠金取引(FX)では、こうした組み合わせを通貨ペアと呼んでいます。

ソニー銀行でお取り引きいただける通貨ペアは全14通貨ペア。
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円など対円ペアのほか、ユーロ/米ドル、豪ドル/米ドルなど対米ドルペアもご用意しています。

お取り引き単位
10,000米ドル、10,000ユーロ、10,000英ポンドというように、いずれの通貨も1万通貨単位でお取り引きいただけます。
原則24時間売買可能
24時間眠らないのが為替市場。ソニー銀行の外国為替証拠金取引(FX)も、土日やシステムメンテナンス時間を除き、原則24時間お取り引きが可能です。

ソニー銀行の外国為替証拠金取引(FX)について、詳しくは以下の商品紹介ページをご覧ください。