ホーム > 用語集 > 金融・経済一般の用語 > 預金保険制度

用語集

預金保険制度

金融機関が預金などの払い戻しを停止した場合などに、預金者を保護し、信用秩序の維持に資することを目的とする制度。加入している金融機関が保険料を支払い、預金保険機構が運営を行う。
保護の方法には、預金保険機構が預金者に直接保険金を支払う、いわゆる「ペイオフ方式」と、破綻した金融機関の事業の一部または全部を健全な金融機関に譲渡し、その譲渡先金融機関に預金保険機構が援助する「資金援助方式」のふたつがある。金融危機時には例外的に特別危機管理(実質的に一時国有化)などの措置がとられ、全額保護されることもある。
預金保険制度の詳細は預金保険機構のホームページをご覧ください。

【関連】
ペイオフ

金融・経済一般の用語一覧へ




ソニー銀行ロゴ


Copyright Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © So-net

EN15111817