ホーム > 用語集 > 金融・経済一般の用語 > 預金準備率操作

用語集

預金準備率操作

預金準備率とは、民間の銀行が預金残高の一定割合を日銀に預け入れる比率のことで、預金準備率操作とは、その比率を変更することを指す。中央銀行(日本の場合は日本銀行)が行う金融政策のひとつ。
中央銀行は預金準備率を上げ下げすることで銀行の資金コスト(企業などへの貸し出し資金を調達するために必要なコスト)をコントロールし、間接的に銀行の貸し出し資金量を調整する。
預金準備率には、銀行が受け入れた預金の引き出し要求に備えるという目的もある。

金融・経済一般の用語一覧へ




ソニー銀行ロゴ


Copyright Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © So-net

EN15111817