ホーム > 用語集 > 金融・経済一般の用語 > 不良債権

用語集

不良債権

一般に、企業の破綻や経営悪化などの理由で回収困難となる可能性が高い貸し出し金のことをいう。法律に基づいて公表される不良債権には「リスク管理債権」がある。
「リスク管理債権」では、銀行は金融検査マニュアルにしたがって貸し出し先企業を分類しているが、その内

  • (1)「要注意先」の内3ヶ月以上の延滞があったり、貸し出し条件を緩和したりしている
  • (2)「破綻懸念先」
  • (3)「破綻先」「実質破綻先」

の3つに分類された企業への貸し出し金を「不良債権」と呼んでいる。
バブル崩壊以前にも不良債権は存在したが、不良債権の規模が小さかったことや、銀行が保有する株式の含み益で清算していた。しかしバブル崩壊以降、長引く不況のあおりで不良債権の規模は膨らみ、株安で含み益が減少したために、処理できない不良債権が雪だるま式に膨らんでいった。

金融・経済一般の用語一覧へ




ソニー銀行ロゴ


Copyright Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © So-net

EN15111817