ホーム商品一覧外貨預金 > 数字で見る!?ソニー銀行の外貨預金


数字で見る!?ソニー銀行の外貨預金

イメージ

全12通貨の豊富なラインアップ、ネット銀行ならではの高い金利、業界最低水準の為替コスト。

貯めた外貨を Sony Bank WALLET でそのまま使える点や、ワンコイン(500円)からの積立購入も好評の、ソニー銀行の外貨預金。

ここでは外貨預金をご利用になっているお客さまの横顔を、豊富なデータをもとに「外貨預金 全般編」、「積立購入編」の2つに分けてご紹介します。

  • ※特段の掲載がない場合、表示の情報は2016年12月末時点のデータをもとに制作しています。

豪ドル・NZドルで運用したい方に!

オセアニア通貨キャンペーン

円から預け入れの3ヶ月定期預金を特別金利でご提供!

ソニー銀行のお客さま4人に1人が外貨を保有!

外貨商品に力を入れているソニー銀行では、4人に1人のお客さまが外貨を保有されています。外貨預金保有のお客さまは男性が全体の65%を占めています。

【外貨保有男女比】男性65.2% 女性34.8% ソニー銀行では、4人に一人のお客様が外貨預金を保有

年代別割合20代1.8% 30代19.1% 40代40.8% 50代21.5% 60代12.5% 70歳以上4.3%

気になる1人あたりの残高平均は?

外貨預金を保有されているお客さまの人数分布を残高別に見てみます。

残高1円〜10万円未満のかたが全体の約5割を占めています。人気のワンコイン(500円)から始められる「外貨預金の積立購入」サービスで、まずは無理のない金額から外貨預金にチャレンジされるかたが多いようです。

1人あたりの残高平均は約137万円となりました。

保有残高別の人数分布【一人あたりの平均は137万円】10万円未満53.3% 10万円〜50万円未満14.7% 50万円〜100万円未満8% 100万円〜300万円未満12.6% 300万円〜500万円未満4.4% 500万円〜1000万円未満4.1% 1000万円以上2.9%

ソニー銀行ではお取り引き状況によって決まるステージに応じ、さまざまな特典が受けられる「優遇プログラム Club S」をご用意しています。

たとえば月末の残高が一定の基準を満たすと、為替コストや外貨定期預金金利、振込手数料やATM手数料など、魅力的な特典が!

月5万円以上の積み立て購入をしているかたは、それだけで Club S のシルバーをゲット。より有利、よりおトクにソニー銀行をご利用いただけます。

優遇プログラム Club S


人気の通貨は?

外貨普通預金・外貨定期預金を合わせた、全体の通貨別残高割合を見ると、堂々トップに輝いたのはやはり米ドル。シェアは実に5割超!
先進国の中では相対的に金利が高めな点が人気を集めたのでしょうか、2位・3位には豪ドル・ニュージーランドドルがそれぞれランクイン。
第二基軸通貨ともいわれるユーロ、新興国通貨のブラジルレアルがそれに続く割合となりました。

通貨別残高割合(金額ベース)米ドル51.4% 豪ドル15.2% NZドル12% ユーロ8.8% ブラジルレアル4.5% 南アランド2.8% 英ポンド2.7% その他2.5%

普通預金vs定期預金はほぼ互角!約半数のかたが複数通貨への分散投資を実践

ソニー銀行の外貨預金には「普通預金」と「定期預金」がありますが、金額ベースで見るとその残高はほぼ互角。2008年秋のリーマン・ショック以降に先進国を中心に金利が低下、普通預金と定期預金の金利差が縮小した影響などがあるようです。

普通預金VS定期預金(金額ベース)外貨定期49.3% 外貨普通50.7%

お客さま1人あたりの投資通貨数【一人あたり平均2.03通貨】1通貨49.9% 2通貨24.2% 3通貨12.5% 4通貨6.5% 5通貨3.4% 6通貨以上3.5%

また、お客さまの保有通貨数をみると2つ以上の外貨に投資されているかたが約半数。複数通貨に分散投資することで、為替変動リスクの分散を図るお客さまが多い模様です。



外貨普通預金の購入方法は全部で3通り その利用比率を大公開!

ソニー銀行の外貨普通預金をご購入される場合は、
1) 通常購入 2)指値購入 3)積立購入
のいずれかの方法をお選びいただけます。

以下、購入方法のご利用比率を金額ベースと件数ベースで見てみました。

  • ※2016年4月〜2016年12月のデータをもとに制作。

購入方法の比率【金額ベース】通常購入89.9% 指値購入9.3% 積立購入0.9%【件数ベース】通常購入35.3% 指値購入1.9% 積立購入62.8%

金額ベースでは通常購入が9割強と圧倒的に多く、積立購入はわずかにすぎません。ところが件数ベースで見ると状況は一変し、積立購入が6割を占めて首位に。少額から無理なく始められる、積立購入が人気です。

皆さまの積立購入のご利用状況を簡潔にまとめた「数字で見る!? ソニー銀行の外貨預金 積立購入編」も、ぜひ併せてご参考ください。

まとめ

取り扱い通貨数、業界最低水準の為替コスト、3種類の購入方法など、すべてが充実。
外貨といえばソニー銀行!

  • ※掲載のグラフは、四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります。

外貨のまま、つかう

Sony Bank WALLET カードイメージ

「ソニー銀行のキャッシュカード」と、世界中で使える「Visaデビット」が一体となった「Sony Bank WALLET」。
年会費・発行手数料ともに無料

以下の11通貨の普通預金残高を使って、世界中のVisa加盟店でショッピングが楽しめるほか、ATMから現地通貨のお引き出しも可能です。

  • 国内外でのお買物にお買物 イメージ
  • ネットショッピングの決済にネットショッピング イメージ
  • 現地通貨の引き出しに現地通貨の引き出し イメージ

ソニー銀行の「外貨預金」

ソニー銀行の「外貨預金」 イメージ

  • 先進国から新興国まで、選べる通貨は12種類
  • 市場金利との連動性が高い、魅力的な金利
  • 為替コストは業界最低水準
  • お取り引き状況に応じて決まる「優遇プログラム Club S 」で金利や為替コストがさらに有利に