ホーム商品一覧投資信託ファンド紹介 > 投資のヒント!投資リスクを軽減する3つの手法


投資における最大の魅力はリターンです。ところが、この投資にはお金が減ってしまうかもしれないリスクが伴います。リスクへの覚悟が必要となると、投資をはじめることを躊躇(ちゅうちょ)してしまうかたが多いかもしれません。
実は、リスクに対して上手に対処できる3つの手法があります。
それは「長期投資」「分散投資」「積み立て投資」による資産形成です。
ここでは、3つの手法による投資信託を活用した資産形成をご紹介します。

1.「長期投資」という手法

投資をはじめると、日々の価格の動きが気になってソワソワしてしまうかたもいるかもしれません。値上がりしている時はいいのですが、もし大きく値下がりした場合などには、眠れなくなってしまうような日もあるかもしれません。
「長期投資」とは、その名の通り、一度投資をはじめたら、日々の値動きに一喜一憂せず、腰を据えて長い目で資産が育っていくのを見守るという方法です。長期スタンスで投資を続けることでいくつかのメリットがあります。

長期に保有することでリスクを抑えることができる

下のグラフは、ある金融商品の保有期間別の年平均収益率を示したものです。
1年間保有した場合、最大収益率は65.04%、最小収益率は−45.44%と、値動きのブレ幅は約110%にもなり、リスクが極めて大きくなっています。
それが保有期間が長くなるにつれて、値動きのブレ幅は小さくなる傾向にあります。つまり、長期に保有することによって、リスクが抑えられているということです。
ただしあくまでも1年当たりの平均のブレ幅が小さくなるということであって、累積の価格変動のブレ幅は1年間の場合よりも大きくなる点には注意が必要です。

保有期間別の年平均収益率(1990年12月末〜2014年12月末)

図表

  • (注1)1990年12月末〜2014年12月末のデータをもとに、各月末からの保有期間別の年平均収益率を算出。
  • (注2)TOPIX(東証株価指数)の配当込指数を使用。
  • (出所)FactSetのデータを基に三井住友アセットマネジメント作成
  • ※上記は過去のデータに基づき三井住友アセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。一定の前提条件に基づくものであり、経費等は考慮されていません。

「複利効果」というメリット

長期に保有することで複利効果が期待できます。複利効果とはリターンがリターンを生む効果です。長期間投資を続けていると、たとえば、途中に発生する利息や分配金などを再投資することができ、収益を生む源泉となります。また、投資で得た利益が投資元本に加わることで、資産が値上がりした場合には、その分高い投資成果を得ることができます。こうした複利の効果も長期投資の大きなメリットです。

下のグラフは、100万円を年利5%の金融商品に投資をし、ひとつは利息や分配金を引き出さずに再投資を続けた(複利効果を利用した)場合、もうひとつは利息や分配金を毎年引き出した(複利効果を利用しない)場合の投資成果を示しています。このグラフから、資産が値上がりした場合には、複利効果を利用したかたが、大幅に資金が増えているほか、長期投資になればなるほどその威力が増しているのがわかります。ただし、マーケットが逆の方向に動いた場合、結果が逆になるリスクがあることには注意が必要です。

複利効果を利用した場合と利用しない場合の比較(100万円を年利5%で運用した場合)

図表

  • ※上記は過去のデータに基づき三井住友アセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。一定の前提条件に基づくものであり、経費等は考慮されていません。

2.「分散投資」という手法

ひとつの投資先に集中して投資をした場合、投資した資産の価格が大きく上がれば、得る利益は大きくなりますが、投資した資産の価格が大きく下がってしまえば、損失も大きくなります。
そこで「分散投資」という手法の登場です。
分散投資とは、価格の動きが異なる投資先をいくつか組み合わせて投資を行うものです。ひとつの資産の値下がりを別の資産の値上がりでカバーできる場合もあり、リスクを抑える効果が期待できます。

値下がり分をほかの仲間がフォロー

下のグラフは、価格の動きが異なる5つの投資先に分散して投資をした場合の「仲間のフォロー」のイメージです。ひとつの資産が大きく値下がりしたものの、その他の4つの資産が値上がりし、その合計がひとつの資産の値下がり分を上回ることで値下がり分をフォローし、利益を出すことができています。
ひとつの資産に集中して投資を行う場合に比べ、投資先を分散することで利益を平準化することになりますが、全体としてリスクを抑えることができます。

分散して投資したイメージ

図表図表

  • ※上記はイメージです。

いろいろな組み合わせがある

分散には、いろいろな組み合わせがあります。
たとえば株式と債券というように値動きの異なる資産を組み合わせる方法や、同じ資産でも、国内株式と海外株式、国内債券と海外債券というように、投資する国・地域が異なるものを組み合わせる方法もあります。

組み合わせの例

図表図表

  • ※上記はイメージです。

3.「積み立て投資」という手法

投資でリターンを得るためには、「最も価格の安い時に買って、最も価格の高い時に売る」ことが一番です。
しかし、いつが安い時なのか、いつが高い時なのかといったタイミングを見極めることは、プロでも難しいといわれています。
今が一番の安い値段だと思って買っても、その後さらに値下がりするかもしれないのです。

そのため、購入する時期を分散して、リスク分散させるという「時間分散」が重要になってきます。その代表的な手法が「積み立て投資」です。「積み立て投資」とは、毎回一定額で定期的に買っていくことです。これで投資タイミングに悩む必要もなくなります。

少額からはじめられる

投資をはじめるのに必要となるお金は、10万円? 100万円? 300万円?
たとえばソニー銀行の「積み立て投資」なら、月に1,000円〜1万円程度の資金から投資をはじめることができます。
つまり、少額からいつでも気軽にスタートできるのが「積み立て投資」の魅力です。投資先の値上がりを期待しながら、コツコツ投資資金を積み増し、徐々にまとまった額の投資をすることが可能になります。

毎月1万円の積み立て投資を5年間続けた場合の投資資金のイメージ

図表

一定額で購入するのがポイント

「積み立て投資」で大切なのは、価格にあわせて購入金額を増減するのではなく、毎回決まった金額分を購入するということ。
そうすると、価格が高い時には購入できる数量は少なくなりますが、価格が安い時にはたくさん購入できるため、全体で見れば平均の購入単価を低く抑えることができます。この投資のしかたは、ドル・コスト平均法と呼ばれています。

毎回一定額で購入した場合と、一定数量購入した場合を比較してみましょう。

ドル・コスト平均法

図表

■毎回1万口ずつ購入
  口数 購入額
1回 10,000口 10,000円
2回 10,000口 9,000円
3回 10,000口 11,000円
4回 10,000口 7,000円
5回 10,000口 13,000円
合計 50,000口 50,000円
1万口当たりの単価 1万円
■毎回1万円ずつ購入
  口数 購入額
1回 10,000口 10,000円
2回 11,111口 10,000円
3回 9,091口 10,000円
4回 14,286口 10,000円
5回 7,692口 10,000円
合計 52,180口 50,000円
1万口当たりの単価 約9,582円
  • ※ドル・コスト平均法は将来の収益を確保したり、基準価額下落時における損失を防止するものではありません。

ご注意!
株価などの値動きの状況によっては、「積立投資」よりも「一括投資」のほうが結果的に有利となる場合もございます。
また、場合によっては、運用結果が、投資した元本を下回ってしまうケースもございますので、ご注意ください。

宗正 彰氏

コンテンツ制作協力:三井住友アセットマネジメント
オンラインマーケティング部長
宗正 彰氏

私からご提案したいのは、以下の3ファンドです。

弊社では、「今こそ、アジア・オセアニアに注目するタイミング」であると考えています。
東南アジアでは、景気の底打ちから回復途上にある国が増え始めています。中国の政策当局は財政拡大を通じた景気の下支えを強化、経済成長率と企業業績は安定に向かっています。そして豪州では、低金利による緩やかな経済成長と企業業績の拡大が見込まれます。
このように、アジア・オセアニア経済が安定軌道に向かう中、弊社からは株式市場やリート市場で恩恵を享受し得るファンドをご提案したいと思います。

<その他の三井住友アセットマネジメントのファンド情報>

ソニー銀行でお取り扱いしている、
すべてのファンドの検索はこちらから

ファンド一覧・検索

  • 投資信託は運用会社が設定・運用している商品であり、預金ではありません。また、投資信託は元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 分配金は運用会社が基準価額や運用状況などを勘案して決定します。したがって分配金額は変動し、分配が行われないこともあります。



ソニー銀行ロゴ


Copyright Sony Bank Inc. All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic market only.
PostPet™ © Sony Network Communications Inc.

EN16120915